アナトティタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナトティタン Anatotitan
アナトティタン・コペイ(ニューヨーク自然史博物館所蔵)
アナトティタン・コペイ(ニューヨーク自然史博物館所蔵)
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱
Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : ハドロサウルス亜科
Hadrosaurinae
: ハドロサウルス族
Hadrosaurini
: アナトティタン属
Anatotitan<br /Chapman & Brett-Surman, 1990

アナトティタン(Anatotitan)はカモノハシ恐竜ともよばれ、約6600万年前の白亜紀後期、中生代の最後まで北米に生息していたハドロサウルス科恐竜である。名前は「巨大な(ティタン)鴨(アナト)」という意味。かつてはアナトサウルスAnatosaurus…鴨に似た爬虫類の意)と呼ばれていたが、後にアナトサウルスと呼ばれていた化石は本種とエドモントサウルスの化石が混同されていた物と判明し、エドモントサウルスとは異なる特徴を持つ化石に対して1990年にアナトティタンの学名が改めてつけられた。

生態[編集]

体長は9 - 12メートル以上。草食性で、のように平たい口吻が特徴。アナトティタンはミイラ化した状態で保存された化石が発見されている。体表はトカゲ等に見られるモザイク状の皮膚組織で覆われ、指には皮膜が有った。以前はその皮膜を水かきとして使う水棲動物だとされていたが、後に詳細な研究の結果、それはラクダ等の足裏にあるような肉質のパッドが干からびたために弛んだ物であると判明し、水棲動物説は否定された。 現在では様々な特徴から、アナトティタンを含むカモノハシ恐竜は陸上生活を行っていた動物だったと考えられている。

口にはデンタルバッテリーと呼ばれる「2000本以上の小さな歯が重なり合い、次々に生え変わる構造」を有していた。恐竜の顎関節は現生ほ乳類のそれに比べ単純な構造をしており、牛などのように顎を前後左右にスライドさせる咀嚼を行えなかった。しかし、頭蓋骨の接合が比較的緩かった彼らは、顎を強く噛み締めることで頭蓋骨を上下左右にわずかにスライドさせる事が可能であり、その動きを利用して咀嚼を行っていたと思われる。カモノハシ竜の白亜紀後期における成功の一因は、これらの効率的な食餌システムにもあると考えられる。

関連項目[編集]