アドルフ・ツー・ホーエンローエ=インゲルフィンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・ツー・ホーエンローエ=インゲルフィンゲン
Adolf zu Hohenlohe-Ingelfingen

Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国
第9代宰相
任期 1862年3月17日1862年9月23日
元首 ヴィルヘルム1世国王

出生 1797年7月
ブレスラウ(現:ポーランドヴロツワフ
死去 1862年9月23日
コシェンティン(現:ポーランド領コシェツィンen)、

アドルフ・ツー・ホーエンローエ=インゲルフィンゲン(Adolf zu Hohenlohe-Ingelfingen, 1797年7月21日もしくは7月29日 - 1873年4月24日)は、ドイツの貴族、軍人、政治家。プロイセン王国宰相(在職:1862年3月17日 - 1862年9月23日)を務めた。全名はアドルフ・カール・フリードリヒ・ルートヴィヒAdolf Karl Friedrich Ludwig)で、ホーエンローエ=インゲルフィンゲンフリードリヒ・ルートヴィヒの四男。

1797年、領邦君主としては最後のホーエンローエ=インゲルフィンゲン侯となるフリードリヒ・ルートヴィヒとその妃であったアマーリエ・フォン・ホイム(1763年 - 1840年)の間に第七子としてシュレージエンのブレスラウ(現ポーランドドルヌィ・シロンスク県ヴロツワフ)で生まれた。

1815年ナポレオン戦争に参戦し、戦後はシュレージエンの行政長官や軍司令官、ポーランド立憲王国議会議員やシュレージエン議会議員(1847年)を務めた。1850年エアフルト議会に参加しまた同年プロイセン王国貴族院議員となり、1857年には貴族院議長となった。

1862年3月11日に自由主義的なカール・アントン・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン内閣が退陣した後、アドルフ・ツー・ホーエンローエ=インゲルフィンゲンはプロイセン王国宰相に任命され保守的な内閣を組閣した。しかし半年でオットー・フォン・ビスマルクにその椅子を譲ることになった。

1873年4月24日、シュレージエンのコシェンティン(Koschentin)(現ポーランド・シロンスク県ルブリニェツ郡コシェツィン(Koszęcin))で死去した。

1819年4月19日ランゲンブルクで同族のホーエンローエ=ランゲンブルク侯カール・ルートヴィヒの娘ルイーゼ(1799年 - 1881年)と結婚し、彼女との間に五男五女をもうけた。特に五男のクラフト・ツー・ホーエンローエ=インゲルフィンゲン(1827年 - 1892年)はプロイセン陸軍で歩兵大将・砲兵大将となり、軍事に関する著作を行なったことで知られる。

関連項目[編集]

先代:
カール・アントン・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国宰相
1862年
次代:
オットー・フォン・ビスマルク