ランゲンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Langenburg.png Lage des Landkreises Schwaebisch Hall in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: シュトゥットガルト行政管区
郡: シュヴェービッシュ・ハル郡
緯度経度: 北緯49度15分
東経09度50分
標高: 海抜 439 m
面積: 31.40 km²
人口:

1,706人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 54 人/km²
郵便番号: 74595
市外局番: 07905
ナンバープレート: SHA
自治体コード: 08 1 27 047
市庁舎の住所: Hauptstraße 15
74595 Langenburg
ウェブサイト: www.langenburg.de
市長: ヴォルフガング・クラス (Wolfgang Class)
郡内の位置
Langenburg in SHA.svg

ランゲンブルク (Langenburg)は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州シュヴェービッシュ・ハル郡に属す小都市。

地理[編集]

位置[編集]

州全域で知られた保養地であるランゲンブルクは、ホーエンローエ平野ヤクスト川蛇行する箇所に付きだした山の上、川底から130mの高さに位置する。

隣接する自治体[編集]

北はブラウフェルデン、東はゲーラブロン、南はイルスホーフェン(オーバーシュタイナハ地区)、西はブラウンスバッハ、北西はホーエンローエ郡キュンツェルザウムルフィンゲンに境を接する。

歴史[編集]

ランゲンブルクの歴史は、西に向かって突きだした山の上に山城が築かれたことに始まる。前史時代の入植地が山の尾根にあったとも言われるが、そうした証拠は示されていない。1226年にランゲンブルクは、初めて文献上で言及されている。

ランゲンブルクの領主家は、1201年に登場し、1253年には断絶するのだが、ホーエンローエ家に近い家柄、おそらくは親戚筋にあたると考えられている。この領主家が断絶した後、ランゲンブルクはホーエンローエ家が相続した。こうして、この町はホーエンローエ領となり、その後数世紀にわたりその侯領として運命をともにし、分割されてきた。1568年以降、ランゲンブルクはホーエンローエ=ランゲンブルク伯領(後の同侯領)の宮廷所在地となった。1963年、城は火災で大きな被害を受けた。

文化と見所[編集]

ランゲンブルク城

博物館[編集]

ランゲンブルク城のかつての納屋を利用して、1970年にオープンした自動車博物館には、約80台のクラシックカーが走れるように整備された状態で展示されている。

建築[編集]

城から見下ろすベヒリンゲン集落(城山の南麓に位置する集落)

ランゲンブルク城は、バロック庭園を持つルネッサンス様式の城で、ホーエンローエ=ランゲンブルク侯一家の居城であった。この城は、突きだした尾根の一番先端に建っている。一部は、城の博物館に利用されている。天気の良い日には城から見下ろす訳す津川の渓谷の眺めも見所の一つである。

ランゲンブルクには、高さ173mのドイツ・テレコムの通信塔があり、ラジオ放送、テレビ放送、無線通信などに使われている。(北緯49度15分 東経09度52分)

名物料理[編集]

ランゲンブルクの名産品として、ヴィベーレが挙げられる。これは、2つの滴状の生地をつなげた形で焼いたビスケット(22×12mm)である。茶色くはなく、むしろ白っぽい色でバニラの味と香りがする。18世紀に宮廷菓子職人のヴィベルが発明し、彼の名にちなんで命名された。

経済と社会資本[編集]

ランゲンブルク駅、1900年

交通[編集]

1900年から1996年までランゲンブルクには、鉄道網に接続するブラウフェルデン行きの鉄道路線があった。この路線の旅客運行は、1963年にはすでに停止されていた。

この市は、アウトバーンA6号線のイルスホーフェン/ヴォルパーツハウゼンインターチェンジにアクセスする。ゲーラブロンとシュヴェービッシュ・ハルとを結ぶバス路線71系統がランゲンブルクを経由しており、シュヴェービッシュ・ハル郡交通網に加盟している。最寄りの鉄道駅はシュヴェービッシュ・ハルのヘッセンタールおよびクライルスハイムにある。

裁判所[編集]

ランゲンブルクには、エルヴァンゲン地方裁判所およびシュトゥットガルト上級地方裁判所管轄の区裁判所がある。

人物[編集]

出身者[編集]

その他のゆかりの人物[編集]

次の人物は、ランゲンブルク生まれではないが、この町で活動した。

  • アグネス・ギュンター(1863年 - 1911年)作家

引用[編集]

外部リンク[編集]

(いずれもドイツ語サイト)