カール・アントン (ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・アントン

カール・アントンKarl Anton, 1811年9月7日 - 1885年6月2日)は、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯国最後の(在位:1848年 - 1849年)。のち、プロイセン王国宰相(在職:1858年 - 1862年)。全名はカール・アントン・ヨアヒム・ツェフィリン・フリードリヒ・マインラートKarl Anton Joachim Zephyrin Friedrich Meinrad von Hohenzollern-Sigmaringen)。ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯カールの長男。

カール・アントンは1811年9月7日、カールとその最初の妃であったマリー・アントワネット・ミュラ(1793年 - 1847年、ジョアシャン・ミュラの従妹)の間に第二子としてクラウヒェンヴィース(現バーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡)で生まれた。

1848年革命がホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯国にも波及すると、カール・アントンは父から譲位されて侯位に即いた。しかし結局革命を抑えることはできず、翌年12月7日に彼はホーエンツォレルン=ヘヒンゲンコンスタンティンとともに主権を傍系の遠戚が治めるプロイセン王国へ譲渡した。その後両侯国はプロイセンのホーエンツォレルン県となった。カール・アントンはデュッセルドルフへ移り、1850年にプロイセン王族となった。

カール・アントンは1849年にプロイセン軍の陸軍少将Generalmajor)、1853年陸軍中将Generalleutnant)に任じられた。さらに1858年に彼はヴィルヘルム1世によってプロイセン王国宰相に任命され、自由主義的政策を採った。しかし第二次イタリア独立戦争に関する方針や軍務についてのアルブレヒト・フォン・ローンとの対立などもあって成果を上げることができず、1862年に解任された。

1869年、コンスタンティンが嫡子のないまま死去してホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯家が断絶したため、カール・アントンは以後単にホーエンツォレルン侯(Fürst von Hohenzollern)と称するようになった。

カール・アントンは1885年ジグマリンゲン(現バーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡)で死去した。ホーエンツォレルン侯の称号は長男のレオポルトが嗣いだ。

子女[編集]

カール・アントンは1834年カールスルーエバーデン大公カールの娘ヨゼフィーネ(1813年 - 1900年)と結婚した。彼女との間には以下の四男二女をもうけた。

先代:
カール
ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯
1848年 - 1849年
次代:
プロイセン王国へ合併)
先代:
オットー・テオドール・フォン・マントイフェル
プロイセン王国宰相
1858年 - 1862年
次代:
アドルフ・ツー・ホーエンローエ=インゲルフィンゲン