アセタミプリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アセタミプリド
:'Acetamiprid'
Acetamiprid Structural Formulae V.1.svg
IUPAC名 (E)-N1-[(6-クロロ-3-ピリジル)メチル]-N2-シアノ-N1-メチルアセトアミジン
分子式 C10H11ClN4
分子量 222.68
CAS登録番号 [135410-20-7]
形状 白色固体(結晶状微粉末)
密度 1.33(20℃) g/cm3, 固体
融点 98.9 °C
出典 アセタミプリド MSDS

アセタミプリド (:Acetamiprid) は、ネオニコチノイド系殺虫剤であり、昆虫神経のシナプス後膜のニコチン性アセチルコリン受容体に結合し、神経の興奮とシナプス伝達の遮断を引き起こすことで殺虫活性を示す。

主な商品名は「モスピラン」で、液剤、粒剤、水溶剤、エアゾル剤、複合肥料などとして各農薬メーカーで製造されている。

植物体への浸透移行性と残効性が高いため、葉を巻いて中に隠れてしまうような害虫(アブラムシや毛虫の一部など)にも効果が高い。また、広く使われている有機リン系殺虫剤とは作用機序が異なるため、有機リン系殺虫剤に抵抗性のある害虫にも効果が期待できる。ミツバチ、マルハナバチに対する影響が少ない。

毒性[編集]

アセタミプリドはヒトへの発癌性物質である可能性が低いとして分類されている。 哺乳類には低い急性慢性毒性発癌性変異原性および神経毒の影響を及ぼす。

使用[編集]

アセタミプリドは殺虫剤での殺虫活性成分として使用されている。 カイガラムシコナジラミブヨシラミなどの吸血昆虫の駆除に適しているとして使用されている。 ドイツオーストリアスイスで承認された製品は、観葉植物の治療のために主に使用されており、園芸では、キュウリトマトナシ状果実のアブラムシの駆除を承認した。

果実にいる幼虫に対して高い活性を示したことにより、サクランボの商業栽培のためにスイスとオーストリアで承認されている。

農業では、コロラドハムシカブトムシの幼虫に対して使用されている。 セタミプリドは、スプレーとして、「植物棒」の形で来る顆粒または貿易に集中している。

規制[編集]

EU加盟国では、アセタミプリドの適用が承認されている。 許可された日用量は、体重1キログラム当たり0.07ミリグラムである。 欧州食品安全機関は、2013年12月に神経系への影響に与えるとして、一日上限用量は0.025 mg / kgにするように示唆された。

スイスでは、エンドウ豆ネギナシチェリーレタスに基準値0.5mg/ kgで0.1 mg / kgの許容値がある。 ジャガイモタマネギプラムプルーンでは0.05 mg/kg

事件[編集]

2008年に発覚した事故米不正転売事件において、アセタミプリドが基準値以上に残留した事故米穀が食用として転売されていたことが判明した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]