アジ化銅(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アジ化銅(II)[1]
識別情報
CAS登録番号 14215-30-6
ChemSpider 21106430 チェック
特性
化学式 Cu(N3)2
モル質量 147.586 g/mol
外観 茶色の斜方晶系結晶
密度 2.6 g/cm 3
危険性
EU分類 毒性(T)
爆発性(E)
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
3
4
関連する物質
その他の陽イオン アジ化鉛(II)
アジ化銀
アジ化ナトリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アジ化銅(II)(あじかどう(II)、copper(II) azide)は、組成式Cu(N3)2の無機化合物である。衝撃や摩擦に敏感で非常に爆発しやすいため起爆剤に使われる[2]。還元されやすい物質であり、ヒドラジンなどの還元剤と反応してアジ化銅(I)となる[2]

合成[編集]

硝酸銅(II)アジ化ナトリウムとの複分解により得られる[2]

Cu(NO3)2 + 2 NaN3 → Cu(N3)2 + 2 NaNO3

脚注[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998), Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 4–55, ISBN 0849305942 
  2. ^ a b c 井口昌亮 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、63頁。