酸化銅(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
酸化銅(II)
識別情報
CAS登録番号 1317-38-0 チェック
PubChem 164827
ChemSpider 144499 チェック
UNII V1XJQ704R4 チェック
RTECS番号 GL7900000
特性
化学式 CuO
モル質量 79.545 g/mol
外観 黒色粉末
密度 6.31 g/cm3
融点

1201 °C (1474 K)

沸点

2000 °C

アンモニア水溶液への溶解度 可溶
バンドギャップ 1.2 eV
構造
結晶構造 単斜晶系mS8[1]
空間群 C2/c, #15
格子定数 (a, b, c) a = 4.6837 Å,b = 3.4226 Å,c = 5.1288 Å
格子定数 (α, β, γ) α = 90°, β = 99.54°, γ = 90°
危険性
MSDS Fischer Scientific
EU分類 刺激性 (Xn)
環境への危険性 (N)
EU Index Not listed
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陰イオン 硫化銅(II)
その他の陽イオン 酸化ニッケル(II)
酸化亜鉛
関連物質 酸化銅(I)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酸化銅(II)(さんかどう に、: copper(II) oxide)は化学式 CuO で表される酸化物で、黒色の粉末。CAS登録番号は[1317-38-0]。アルコールに不溶。塩酸硫酸塩化アンモニウム溶液アンモニア水などに可溶。融点1,026 °C。1,050 °C以上で分解して酸化銅(I)になる。

酸化銅(II)は塩基性酸化物であるので、と反応してを作る。水素または一酸化炭素気流中で250 °Cに加熱すると容易に金属銅還元される。また、黒鉛粉末とともに加熱することによっても還元される。天然では黒銅鉱として産出する。

釉薬の着色剤として利用される。陶磁器に酸化銅(II)を添加した釉薬をかけて焼成すると、酸化焼成では青色-緑色に、還元焼成では赤色に発色する。還元焼成で現れる赤色はかつては釉薬中の酸化銅(II)が金属銅に還元されて発色したものと考えられたが、今日では酸化銅(II)が酸化銅(I)に還元されて赤く発色すると考えられている。

生成[編集]

酸化銅(II) は、水酸化銅(II)硝酸銅(II)炭酸銅(II)もしくは単体の銅などの加熱で得られる。

Cu(OH)2 → CuO + H2O
CuCO3 → CuO + CO2

反応[編集]

酸化銅(II)が塩酸硫酸塩化アンモニウム溶液、アンモニア水に溶ける際は以下のような反応を起こす。

CuO + 2 HCl → CuCl2 + H2O
CuO + H2SO4 → CuSO4 + H2O
2 CuO + 4 NH4Cl → CuCl2 + [Cu(NH3)4]Cl2 + 2 H2O
CuO + 4 NH3 + H2O → [Cu(NH3)4](OH)2

また、酸化銅(II)を金属銅に還元する際には水素や一酸化炭素、黒鉛と以下のように反応させる。

CuO + H2 → Cu + H2O
CuO + CO → Cu + CO2
2 CuO + C → 2 Cu + CO2

出典[編集]

  1. ^ The effect of hydrostatic pressure on the ambient temperature structure of CuO, Forsyth J.B., Hull S., J. Phys.: Condens. Matter 3 (1991) 5257-5261 , doi:10.1088/0953-8984/3/28/001

関連項目[編集]