複分解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

複分解〈ふくぶんかい、double decomposition〉とは2種類の化合物が成分を交換して新たに2種類の化合物に変化する化学反応である。反応形式的には\rm AB + CD \longrightarrow AC + BDとなりメタセシス (metathesis) 、二重置換反応(double displacement reaction)ともよばれることもある。

複分解例

具体的には

\rm KCl + AgNO_3 \longrightarrow KNO_3 + AgCl \downarrow

などが相当する。すなわち出発物質がそれぞれ単独では

\rm KCl \rightleftarrows K^+ + Cl^-
\rm AgNO_3 \rightleftarrows Ag^+ + NO_3^-

という解離反応であるが AgCl は難溶性の為、両者が合わさると平衡反応は失われ複分解が進行する。

参考文献[編集]

  • 長倉三郎、他(編)、「複分解」、『岩波理化学辞典』、第5版CD-ROM版、岩波書店、1998年。

関連項目[編集]