シアン化銅(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアン化銅(I)
識別情報
CAS登録番号 544-92-3
EINECS 208-883-6
特性
化学式 CuCN
モル質量 89.5634 g/mol
危険性
MSDS Oxford MSDS
EU分類 有毒 T
Rフレーズ R26/27/28 R32 R50/53
Sフレーズ (S1/2) S7 S24/25 S26 S28 S29 S45 S60 S61
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シアン化銅(I)(シアンかどう、copper(I) cyanide)は、白からクリーム色または緑色の水に溶けない粉末固体である。化学式はCuCN。毒物であり、マグネシウムと激しく反応する。熱すると分解し、猛毒のシアン化水素を放出するが、シアン化銅自身に可燃性は無い。

用途[編集]

重合反応触媒や、電気めっき殺虫剤殺菌剤、船舶用塗料の殺生物剤に使われている。

シアン化銅(II)[編集]

シアン化銅には、+1価の化学式CuCNで表されるシアン化銅(I)だけではなくCu(CN)2で表される+2価のシアン化銅(II)も存在する。シアン化銅(II)は、硝酸銅(II)などの、銅(II)イオンを、含有する水溶液に、シアン化カリウム水溶液を滴下したときに生じる、黄色沈殿であるが、この沈殿は、速やかに分解して、ジシアンを放出する。

外部リンク[編集]