アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アザー・ガイズ
俺たち踊るハイパー刑事!
The Other Guys
2010年7月コミコン・インターナショナルで本作のプロモーションをするマーク・ウォールバーグ(左)とウィル・フェレル(右)
監督 アダム・マッケイ
脚本 アダム・マッケイ
クリス・ヘンチー
製作 ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
パトリック・クローリー
ジミー・ミラー
製作総指揮 クリス・ヘンチー
デヴィッド・B・ハウスホルター
ケヴィン・J・メシック
ナレーター アイス-T(クレジット無し)
出演者 ウィル・フェレル
マーク・ウォールバーグ
音楽 ジョン・ブライオン
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 ブレント・ホワイト
製作会社 ゲイリー・サンチェス・プロダクションズ
モザイク・メディア・グループ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年8月6日
日本の旗 2011年8月20日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $170,432,927[1]
テンプレートを表示

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(アザー・ガイズ おれたちおどるハイパーデカ、原題:The Other Guys)は、アダム・マッケイ監督、脚本による2010年アクションコメディ映画である。出演は、ウィル・フェレルマーク・ウォールバーグドウェイン・ジョンソンサミュエル・L・ジャクソンマイケル・キートンエヴァ・メンデススティーヴ・クーガンレイ・スティーヴンソンである[2]。フィレルとマッケイのコラボ映画は『俺たちニュースキャスター』(2004年)、『タラデガ・ナイト オーバルの狼』(2006年)、『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』(2008年)に続いて4作目である。アカデミー賞を受賞した『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』などと同じく、2008年の金融恐慌を扱った作品でもある。

あらすじ[編集]

ニューヨーク市警で働くナードな刑事のアレン・ギャンブル(ウィル・フェレル)は、街へ出て捜査するよりもデスクワークを好む会計員であり、ワールドシリーズの時に誤ってデレク・ジーターを撃って以来外回りから外されたタフな刑事のテリー・ホイツ(マーク・ウォールバーグ)とコンビを組んでいた。アレンとホイツは他の刑事、特にマーティン(ロブ・リグル)とフォッシー(デイモン・ウェイアンズ・Jr)からは全く尊敬されない窓際刑事であった。そんな二人とは対照的に、まるでアクション映画の主人公のような派手な捜査をして手柄を立てているクリストファー・ダンソン刑事(ドウェイン・ジョンソン)とP・K・ハイスミス刑事(サミュエル・L・ジャクソン)は多くの警察官のあこがれの的だった。だがある日、ドンソンとハイスミスは捜査中の事故で死亡してしまう。これをチャンスと思ったテリーは、アレンを強引に誘って殉職した二人の後釜を狙おうとする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アレン・ギャンブル刑事 ウィル・フェレル 岩崎ひろし
テリー・ホイツ刑事 マーク・ウォールバーグ 川田紳司
シーラ・ラモス・ギャンブル エヴァ・メンデス 梶山はる香
ジーン・マウチ警部 マイケル・キートン 岡哲也
デヴィッド・アーション スティーヴ・クーガン
ロジャー・ウェズリー レイ・スティーヴンソン
P・K・ハイスミス刑事 サミュエル・L・ジャクソン 間宮康弘
クリストファー・ダンソン刑事 ドウェイン・ジョンソン 株田裕介
フランシーヌ リンゼイ・スローン
クリスティネス ナタリー・ジー
エヴァン・マーティン刑事 ロブ・リグル
フォッシー刑事 デイモン・ウェイアンズ・Jr
ジミー ボビー・カナヴェイル
本人役 ブルック・シールズ(カメオ出演) 山形葵
本人役 ロージー・ペレス(カメオ出演)
本人役 デレク・ジーター(カメオ出演)
本人役 トレイシー・モーガン(クレジット無し)
D・A・ルイス・ラッドフォード ジョセフ・ソマー(クレジット無し)
パメラ・ボードマン アン・ヘッシュ(クレジット無し)
ナレーター アイス-T(クレジット無し)
  • 字幕翻訳:栗原とみ子
  • 吹替翻訳:北野りり子

製作[編集]

主要撮影は2009年9月23日にニューヨーク市で始まり[3][4]、他にオールバニでも行われた[5]

ヘリコプターのクラッシュシーンなどの視覚効果はKernerFXが行った[6]

評価[編集]

興行成績[編集]

北米では公開初週末3日間で3554万3162ドルを稼ぎ、4週目の『インセプション』を抑えて初登場1位となった[7]

批評家の反応[編集]

評論家からは概ね好意的な評価を得ており、Rotten Tomatoesでは188のレビュー中78%が支持して「フレッシュ」となった[8]Metacriticでは35個のレビューに基づき、64%という「広く好意的な評価」を示している[9]。『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは4つ星満点で3つ星を与えた[10]

第1回コメディ賞でコメディ映画賞を受賞した[11]他、第16回放送映画批評家協会賞コメディ映画賞[12]第15回サテライト賞ミュージカル・コメディ映画賞[13]にノミネートされた。

続編[編集]

監督のアダム・マッケイは、MTVのインタビューにて、本作が興行収入で良い成績を上げ、多くのファンを獲得できたなら続編の可能性もあると述べた[14]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Other Guys”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2011年6月20日閲覧。
  2. ^ “The Other Guys”. ReelzChannel. http://www.reelzchannel.com/movie/278630/the-other-guys/cast 2010年6月10日閲覧。 
  3. ^ “The Other Guys”. ComingSoon. http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=59408 2010年6月10日閲覧。 
  4. ^ “The Other Guys”. Current. http://current.com/entertainment/movies/91004830_filming-locations-for-september-23.htm 2010年6月10日閲覧。 
  5. ^ http://www.timesunion.com/entertainment/article/Albany-streets-to-close-for-Other-Guys-movie-552176.php
  6. ^ The Other Guys”. IMDB. 2010年2月11日閲覧。
  7. ^ Weekend Box Office Results for August 6-8, 2010”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2011年6月20日閲覧。
  8. ^ The Other Guys”. Rotten Tomatoes. 2011年3月28日閲覧。
  9. ^ The Other Guys Movie Reviews, Ratings, Credits” (英語). Metacritic. CBS. 2012年1月31日閲覧。
  10. ^ by:  Peter Travers (2010年8月4日). “Rolling Stone Review”. Rollingstone.com. 2010年9月26日閲覧。
  11. ^ Comedy Awards hail Letterman, Fey and 'South Park'”. Baker City Herald (2011年3月26日). 2011年3月28日閲覧。
  12. ^ Broadcast Film Critics Association Awards Nominees”. Broadcast Film Critics Association (2010年12月13日). 2010年12月13日閲覧。
  13. ^ 15th Annual SATELLITE Awards Nomination List
  14. ^ Adam McKay Talks 'The Other Guys' Sequel, Wooing Mark Wahlberg... And Daughter Pearl's Acting Career”. 2011年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]