ウィル・フェレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィル・フェレル
Will Ferrell
Will Ferrell
本名 John William Ferrell
生年月日 1967年7月16日(47歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州アーバイン
配偶者 Viveca Paulin (2000 — )

ウィル・フェレルWill Ferrell, 本名: John William Ferrell, 1967年7月16日 - )は、アメリカ合衆国俳優コメディアン

生い立ち[編集]

コメディアン俳優として知られ、190センチを超える長身の持ち主であるフェレルはカリフォルニア州アーバインに生まれた。母親は教師で[1]、父親はロックバンドライチャス・ブラザースのキーボード奏者、リー・フェレル[2]でアイルランド系の家系であった[3][4]。地元の学校へ進学し、高校時代はフットボールに励んでおり、キッカーであった。

キャリア[編集]

高校卒業後は南カリフォルニア大学へ進学。そこではスポーツ放送について学び、スポーツ情報の学位も取得。しかし大学卒業後はその分野へは進まず、即興コメディ劇団の「The Groundlings」へ参加[5]してコメディアンとしての才能を発揮する。1995年より2002年までは『サタデー・ナイト・ライブ』に出演し、ブッシュ大統領を始めとして20種類以上のキャラクターを演じ分けた。7年間のレギュラーという快挙を成し遂げ、同番組を卒業してからも、ホストとして数回登場する。

映画にも進出し、マイク・マイヤーズ主演の『オースティン・パワーズ』シリーズに登場するトルコ人暗殺者のムスタファ役や、数本の低予算コメディ映画を経て、主演作の『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』(2003年)『俺たちニュースキャスター』(2004年)が同国内で大ヒット。アメリカでもっとも人気のあるコメディアンとなる。だが、日本では劇場未公開となることが多く、なかなか知名度が上がらなかった。しかし2005年には6本もの作品に出演し、メル・ブルックスの『プロデューサーズ』にも、「春の日のヒトラー」を書いたナチス狂のドイツ人脚本家フランツの役で出演。『奥さまは魔女』ではニコール・キッドマンと共にゴールデンラズベリー賞の最低スクリーンカップル賞を受賞している。2007年に出演した『ナポレオン・ダイナマイト』のジョン・ヘダーとの共演作品『俺たちフィギュアスケーター』はビデオスルーの予定だったが、アメリカでの人気が飛び火して渋谷のシネマGAGAでの公開にこぎつけ、一日の総動員観客数の新記録を樹立するまでの成績を残した[6]。その勢いによりようやく日本でも、人気コメディアンとして広く認知された。ちなみに『俺たちフィギュアスケーター』はみうらじゅんにより「みうらじゅん賞」を受賞。

これまで、『プロデューサーズ』と『主人公は僕だった』でゴールデングローブ賞にノミネートされた。また2009年ブロードウェイ舞台にてジョージ・W・ブッシュを演じた『You're Welcome America』がトニー賞へもノミネートされた。サシャ・バロン・コーエンジョン・C・ライリーとの共演作『タラデガ・ナイト オーバルの狼』ではMTVムービー・アワードの“ベスト・キス賞”に輝いた。

人物像[編集]

出演作品では破天荒なキャラクターを演じて、普段もそう思われがちなフェレルだが『主人公は僕だった』で共演したダスティン・ホフマンはインタビューで、普段のフェレルは寡黙でおとなしく、たまにジョークを言うような真面目な性格というギャップがあると語った。

2007年ハリウッドで調査された「サインをくれる人、くれない人」ランキングでは、ワースト部門1位に選出されている[7]

2009年に『フォーブス』誌が行った「最もギャラをもらいすぎの俳優」で一位に選出された[8][9]

レッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミスと似ていることがよくネタにされている[10]

私生活[編集]

2000年8月、かつて演劇クラスで同級だったスウェーデン人女優のヴィヴィカ・ポーリンと結婚。3人の息子をもうける[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1997 オースティン・パワーズ
Austin Powers: International Man of Mystery
ムスタファ
1998 ロクスベリー・ナイト・フィーバー
A Night at the Roxbury
スティーヴ 兼脚本
ピンク・ピンク・ライン
The Thin Pink Line
ダレン・クラーク
1999 ザ・サバーバンズ
The Suburbans
ギル
オースティン・パワーズ:デラックス
Austin Powers: The Spy Who Shagged Me
ムスタファ
キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!
Dick
ボブ・ウッドワード
スーパースター 爆笑スター誕生計画
Superstar
スカイ・コリガン/イエス
2000 MONA(モナ) 彼女が殺された理由(わけ)
Drowning Mona
葬儀ディレクター
レディース★マン
The Ladies Man
ランス
2001 ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲
Jay and Silent Bob Strike Back
ウィレンホリー
ズーランダー
Zoolander
ムガトゥ
2003 アダルト♂スクール
Old School
フランク・リチャード
エルフ 〜サンタの国からやってきた〜
Elf
バディ
2004 スタスキー&ハッチ
Starsky & Hutch
ビッグ・アール クレジットなし
俺たちニュースキャスター
Anchorman: The Legend of Ron Burgundy
ロン・バーガンディ 兼脚本
メリンダとメリンダ
Melinda and Melinda
ホビー
2005 ペナルティ・パパ
Kicking & Screaming
フィル・ウェストン
奥さまは魔女
Bewitched
ジャック/ダーリン
ウエディング・クラッシャーズ
Wedding Crashers
チャズ クレジットなし
プロデューサーズ
The Producers
フランツ・リーブキン
2006 おさるのジョージ/Curious George
Curious George
テッド アニメ、声の出演
タラデガ・ナイト オーバルの狼
Talladega Nights: The Ballad of Ricky Bobby
リッキー・ボビー 兼脚本・製作総指揮
主人公は僕だった
Stranger than Fiction
ハロルド・クリック
2007 俺たちフィギュアスケーター
Blades of Glory
チャズ・マイケル・マイケルズ
2008 俺たちダンクシューター
Semi-Pro
ジャッキー・ムーン
俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-
Step Brothers
ブレナン・ハフ 兼脚本・原案・製作総指揮
2009 マーシャル博士の恐竜ランド
Land of the Lost
リック・マーシャル博士
2010 アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!
The Other Guys
アレン・ギャンブル 兼製作
メガマインド
Megamind
メガマインド 声の出演
2012 俺たちサボテン・アミーゴ
Casa de mi Padre
アルマンド 兼製作
The Campaign 兼製作
2013 俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク
Anchorman 2: The Legend Continues
ロン・バーガンディ 兼脚本・製作
2014 LEGO ムービー
The Lego Movie
プレジデント・ビジネス / ロード・ビジネス アニメ
声の出演

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1995-2006 サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
計139話出演
2003 堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-
The Guardian
ラリー・フラッド 第2シーズン第23話「情念の炎」
2009-2012 Eastbound & Down アシュレイ・シェーファー 計5話出演
2010-2012 30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
シェーン・ハンター 計3話出演
2011 ザ・オフィス
The Office
ディアンジェロ・ヴィッカーズ 計4話出演

脚注[編集]

  1. ^ “Will Ferrell 1967-”. Biography Today (Omnigraphics, Inc.) 16 (2): 54. (2007). ISSN 1058–2347. 
  2. ^ Will Ferrell Biography (1968?-)”. Filmreference.com. 2010年9月11日閲覧。
  3. ^ Davis, Caris (2008年1月24日). “Will Ferrell Has Irish Award Society in Stitches – Will Ferrell”. People. 2010年9月11日閲覧。
  4. ^ Look Who’s Related: Mark Wahlberg and Seth MacFarlane”. Geni.com. 2012年12月7日閲覧。
  5. ^ Biography Today, p.56
  6. ^ “意外な大ヒット!「俺たちフィギュアスケーター」が新記録樹立!女性にも人気!”. シネマトゥデイ. (2007年12月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0011823 2013年5月18日閲覧。 
  7. ^ http://blog.goo.ne.jp/indec/e/3274fb4fed93b4217a7cd437146925b7
  8. ^ ギャラをもらいすぎの俳優に、あの人も!?”. Walkerplus. 2009年12月2日閲覧。
  9. ^ “2009年度に最もギャラをもらいすぎた俳優はウィル・フェレル”. シネマトゥデイ. (2009年11月19). http://www.cinematoday.jp/page/N0020875 2013年5月18日閲覧。 
  10. ^ “Chad Smith vs. Will Ferrell”. http://en.wikipedia.org/wiki/Chad_Smith#Chad_Smith_vs._Will_Ferrell 
  11. ^ “『俺たちフィギュアスケーター』のウィル・フェレルに3人目の男の子誕生”. シネマトゥデイ. (2010年1月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0022093 2013年5月18日閲覧。 

外部リンク[編集]