アオジタトカゲ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アオジタトカゲ属
ハスオビアオジタトカゲ
ハスオビアオジタトカゲ Tiliqua scincoides
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : Scincomorpha
上科 : Scincoidea
: トカゲ科 Scincidae
: アオジタトカゲ属 Tiliqua
Gray, 1825

アオジタトカゲ属(-ぞく、Tiliqua)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目トカゲ科に属する属。

分布[編集]

インドネシアオーストラリアパプアニューギニア

形態[編集]

最大で全長70cm程。最小種はアデレードアオジタトカゲで全長20cm程。種によって太さは異なるが、総じて体形が太めで胴体に比べて四肢が短い種が多い。

名前の通り青い舌を持つ。(稀にピンク色の舌を持つ個体もいる。)

オスは頭部が大型化すると言われるが、外見からの雌雄の判別はよほど特徴的な個体同士でないかぎり難しい。

ツチノコ説[編集]

1970年代から日本で多く飼育されるようになった事からツチノコはアオジタトカゲ説が有力であるが、最初の目撃証言である「信濃奇勝録」に記されたのが1887年であることから、異を唱えるのも多い。

分類[編集]

生態[編集]

森林から草原砂漠といった様々な環境に生息する。地表棲。昼行性。外敵に襲われると、青い舌を見せ噴気音を出す威嚇行動を取る。

食性は雑食で、昆虫類節足動物、陸棲の貝類、小型爬虫類、小型哺乳類、動物の死骸、果実などを食べる。

繁殖形態は卵胎生で、幼体を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数が減少している種もいる。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。オーストラリアは野生動物の輸出を禁止しているため、動物園での展示用や研究用に過去に海外に持ち出された個体からの飼育下繁殖個体が流通する。そのためオーストラリアに分布する多くの種や亜種の流通は極めて稀か、流通していない。飼育にあたっては底面積を重視した大型のケージを用意する。餌としてはコオロギ、果実、野菜などを与えるが、雑食の爬虫類用の人工飼料にも餌付く。餌に対しては事前にカルシウム剤などのサプリメントを振りかけて栄養価を上げる。餌に反撃されたり逃げられるのを防ぐため、生きた餌の場合は顎や触角、後肢を潰したり折ってから与える。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ7 オーストラリア、ニューギニア』、講談社2000年、113、211-212頁。
  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、58-61頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2 ヤモリ上科&スキンク上科』、誠文堂新光社2004年、91-94頁。
  • 海老沼剛 「アオジタトカゲとその近縁種」『エクストラ・クリーパー』No.2、誠文堂新光社、2007年、122-130、144-147頁。