わが教え子、ヒトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わが教え子、ヒトラー
Mein Führer – Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler
監督 ダニー・レヴィ
脚本 ダニー・レヴィ
製作 シュテファン・アルント
製作総指揮 バルバラ・ブール
アンドレアス・シュトライトミュラー
ベッティーナ・ライツ
出演者 ウルリッヒ・ミューエ
ヘルゲ・シュナイダー
音楽 ニキ・ライザー
撮影 カール・F・コシュニック
カーステン・ティーレ
編集 ペーター・R・アダム
配給 日本の旗 アルバトロス
公開 ドイツの旗 2007年1月11日
日本の旗 2008年9月6日
上映時間 ドイツの旗 89分
日本の旗 95分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 €1,000,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

わが教え子、ヒトラー(原題: Mein Führer – Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler) は、独裁者アドルフ・ヒトラーに演説を指導した教師がいたという史実を下敷きにしたドイツの映画作品である。ヒトラーと密室で対面したユダヤ人男性の運命をユーモアと皮肉たっぷりにつづる。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦末期、心を病んだヒトラーは執務室に引きこもっていた。宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッべルスは国民の士気を高めるため、1945年の元日にヒトラーの演説を計画する。ゲッべルスは周囲の反対を押し切り、1920年代にヒトラーの演説を指導した実績を持つユダヤ人俳優アドルフ・グリュンバウム教授を担ぎ出し、ヒトラー再生のトレーニングを命じる。グリュンバウムは、ザクセンハウゼン収容所に収監された家族や友人への思いと、苦悩するヒトラーへの共感との板挟みになりつつも、演技指導を進めてゆく...

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アドルフ・グリュンバウム教授 ウルリッヒ・ミューエ をはり万造
アドルフ・ヒトラー ヘルゲ・シュナイダー 浦山迅
ヨーゼフ・ゲッベルス シルヴェスター・グロート 金尾哲夫
エルザ・グリュンバウム アドリアーナ・アルタラス 中村まり子
アルベルト・シュペーア シュテファン・クルト 上城龍也
ハインリヒ・ヒムラー ウルリッヒ・ノエテン
ヨハン・ラッテンフーバー ランベルト・ハーメル
マルティン・ボルマン ウド・クロシュヴァルト
エーリヒ・ケンプカ アクセル・ヴェルナー
ハインツ・リンゲ ラルス・ルドルフ
テオドール・モレル ベルント・シュテーゲマン
エヴァ・ブラウン カッチャ・リーマン

脚注[編集]

  1. ^ Mein Führer - Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler (2007) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]