ぼたん鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぼたん鍋

ぼたん鍋(ぼたんなべ)は、の肉を用いた日本の鍋料理猪鍋とも呼ばれる。

概要[編集]

猪肉は縄文時代からよく食べられていた食材であり、これを具材に加えた鍋料理は日本各地に見られる。ぼたんの名は、使われる猪肉を薄切りにし、牡丹の花に似せて皿の上に盛りつける事に因んでいる。

鍋の中で野菜根菜きのこ類、類、コンニャク豆腐と猪肉を一緒に煮て食べるのが一般的であり、味付けは地方によって異なるが、昆布鰹節でとった出汁に主に味噌醤油を入れることが多い。風味付けに日本酒味醂を加えても良い。江戸風は、割り下に大量の醤油と砂糖を用い、さらに八丁味噌を加えて濃厚な味にしている。食べる際には、取り皿に生卵を入れてつけたり、薬味として山椒などを振りかけたりする。

地域の取り組み[編集]

猪が入手しやすい山間部で、郷土料理として観光資源化されることも多い。

関連項目[編集]