XPCOM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

XPCOM (Cross Platform Component Object Model) は、Mozillaプロジェクトにおいて開発されているクロスプラットフォームコンポーネント技術である。C++で実装されており、LinuxWindowsmacOSという主要なプラットフォーム上で動作する。複数の言語バインディングが提供されており、C++の他に、JavaScriptJavaPython等の実装が存在する。XPCOMのインタフェースには、XPIDLと呼ばれるインタフェース記述言語 (IDL) が用いられている。

XPCOMにはコアとなるコンポーネントとクラス群が一緒に提供されている。例えば、ファイルやメモリーの管理、文字列や配列などの基本データ構造などがこれに含まれる。しかし、ほとんどのXPCOMコンポーネントは、コア以外の部分で提供されている。たとえば、Geckoレンダリングエンジンなどがこれにあたる。

廃止[編集]

Mozilla は段階的なXPCOM廃止を明示している。Firefox Quantum 57 では全面的に廃止され[1][2]Thunderbirdでも、バイナリXPCOMなど一部廃止されている。FireFoxやThunderbirdのアップグレードを行ったときに、いままで使用してきたアドオン(「旧式アドオン」と呼ばれる)が使えなくなる事象は、このことによる可能性が高い。

Firefox Quantum の拡張機能では、XPCOMの代わりに Microsoft EdgeChromeOperaなどでサポートされている WebExtensions[3] を使用する。

脚注[編集]

  1. ^ https://developer.mozilla.org/ja/Firefox/Releases/57
  2. ^ https://support.mozilla.org/ja/kb/firefox-add-technology-modernizing/
  3. ^ https://developer.mozilla.org/ja/Add-ons/WebExtensions

関連項目[編集]

外部リンク[編集]