コンテンツにスキップ

Common Voice

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Common Voice
開発元 Mozilla Foundation
初版 2017年6月19日 (7年前) (2017-06-19)
リポジトリ https://github.com/mozilla/voice-web
対応言語 多言語 (言語のリスト)
ライセンス Creative Commons CC0
公式サイト commonvoice.mozilla.org
テンプレートを表示

Common Voice(コモン ボイス)は、音声認識ソフトウェアの開発のための無料データベース作成を目的にして、Mozillaによって立ち上げられたクラウドソーシングプロジェクトである。このプロジェクトは、ボランティアによって支えられている。ボランティアは、自らのマイクを用いてサンプル文を読み上げた音声を録音し、また他のユーザーが録音した音声の正確性の検証も行う。録音された音声は、パブリックドメインライセンスCC0の下で利用可能な音声データベースに集められる。このライセンスによって、開発者は何らの制限や使用料等なしに、データベースを音声認識アプリケーションに利用することができる。非公式のAndroidアプリが利用可能である。

目的[編集]

Common Voiceは、多様性に富む音声サンプルを提供することを目的としている。Mozillaのカタリナ・ボルヒェルト(Katharina Borchert)によると、既存のプロジェクトの多くは、公共のラジオから作成されたデータセットを用いていた。ラジオの出演者には男性や標準的な発音の話者が多いため、女性の声であったり、特徴的な発音や訛りを持つ人々の声の標本数が少ない偏ったデータセットになりがちであった[1]

音声データベース[編集]

英語版Common Voiceデータベースは、自由にアクセス可能な音声データベースとしては、LibriSpeechに次ぐ規模である。2017年11月29日に最初のデータが公開された時点で世界中の2万人以上のユーザーによって、40万の検証済みの音声が登録され、録音時間は合計500時間に及んだ[2]

2019年2月、最初のバージョンのコーパスがリリースされ、これには18の言語の音声が含まれている。英語フランス語ドイツ語中国語のほか、ウェールズ語カビル語などの少数言語の音声も含まれている。全体として、42,000人以上の貢献者による約1,400時間の録音音声データが含まれている[3]

2020年12月現在、60言語、9,283時間の音声記録がデータベースに蓄積されており、そのうち7,335時間分がボランティアによって検証済みである[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]