MDN Web Docs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MDN Web Docs
MDN Web Docs.svg
URL developer.mozilla.org ウィキデータを編集
言語 25言語以上
タイプ Wiki
運営者 Mozilla
営利性 非営利
登録 任意だが、コンテンツを編集する場合には必要
開始 2005年 (16年前) (2005)
現在 現行
ライセンス
プログラミング言語 Python
  1. ^ 文書と記事のライセンス
  2. ^ コードサンプルのライセンス
  3. ^ 2010年8月20日より前のコードサンプルのライセンス

MDN Web Docsは、ウェブ標準及びMozillaプロジェクトの開発文書のためのMozillaの公式ウェブサイトである。以前の名称はMozilla Developer Network (モジラ・デベロッパー・ネットワーク、略称: MDN)、更に以前はMozilla Developer Center (モジラ・デベロッパー・センター、略称: MDC) と呼ばれていた[1]

特徴[編集]

MDN Web Docsは開発者向けの資源であり、開発者や技術ライターのコミュニティによって維持されており、HTML5JavaScriptCSSウェブAPI英語版DjangoNode.jsWebExtensions及びMathMLといった様々な話題に多くの文書をホストしている。モバイルウェブ開発者向けに、MDNはHTML5モバイルアプリ、モバイルアドオンの構築、位置認識アプリといった話題に関する文書を提供している[2]

歴史[編集]

このプロジェクト[注釈 1]2005年に開始され、初期はMozilla Corporationの従業員のDeb Richardsonが主導した。文書に対する取り組みは、2006年からEric Shepherdが主導した[3]

ウェブサイトの最初のコンテンツはDevEdgeによって提供され、Mozilla FoundationAOLによってライセンスを付与された[3][4]。現在、このウェブサイトにはDevEdgeとmozilla.orgから移行されたコンテンツと、オリジナルのコンテンツを更新したものが混在している[5][6]。文書もXULPlanet.comから移行された。

MDNにはディスカッションフォーラムとMozilla IRC Network上のIRCチャンネルの#mdnがある。MDNはMozilla Corporationから資金の提供と共にサーバと従業員の提供も受けている。

2016年10月3日のリリースでBraveはデフォルトの検索エンジンのオプションの1つとしてMDNを採用した[7]

2017年、MDN Web DocsはGoogleサムスン電子Microsoft及びMozillaのウェブ技術の統一文書となった[8][9]。MicrosoftはMSDNからMDNへのページのリダイレクトを開始した[10]

2019年、MozillaはMDN Web DocsのフロントエンドをReactで書き換え始めた[注釈 2]。貢献者は、引き続きサポートされている古いエディタを使用してサイトのコンテンツを編集することができる[11]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時はMozilla Developer Centerと呼ばれていた。
  2. ^ 従来はjQueryに基づいていた。

出典[編集]

  1. ^ Simon Willison (2005年9月15日). “The Mozilla Developer Center”. SitePoint. 2019年12月25日閲覧。
  2. ^ Mozilla Hacks (2012年12月14日). “Ten Things Developers should know about the Mozilla Developer Network (MDN)”. 2019年12月25日閲覧。
  3. ^ a b Mitchell Baker (2005年2月23日). “DevMo and DevEdge updates”. 2019年12月25日閲覧。
  4. ^ MDN Web Docs について”. MDN. 2019年12月25日閲覧。
  5. ^ DevEdge”. MDN. 2019年12月25日閲覧。
  6. ^ Deb Richardson (2006年2月11日). “Digging through the DevEdge archives”. Google グループ. 2019年12月25日閲覧。
  7. ^ v0.12.3 Dev Channel”. GitHub (2016年10月3日). 2019年12月25日閲覧。
  8. ^ Dru Knox (2017年10月18日). “Building unified documentation for the web”. Chromium Blog. 2019年12月25日閲覧。
  9. ^ Liam Tung (2017年10月19日). “Developers rejoice: Microsoft, Google, Mozilla are putting all their web API docs in one place”. ZDNet. 2019年12月25日閲覧。
  10. ^ Erika Doyle Navara (2017年10月18日). “Documenting the Web together”. Microsoft Edge Blog. 2019年12月25日閲覧。
  11. ^ Bhagyashree R (2019年7月17日). “Mozilla’s MDN Web Docs gets new React-powered frontend, which is now in Beta”. Packt Hub. 2019年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]