インタフェース記述言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インタフェース記述言語: Interface Description Language)またはインタフェース定義言語: Interface Definition Language)は、ソフトウェアコンポーネント間のインタフェースを記述するのに使われるコンピュータ言語の総称である。IDL と略記されることもある。IDL にはプログラミング言語に依存するものもあればしないものもある。依存しないものは、異なるプログラミング言語で書かれたソフトウェアコンポーネント間の通信を可能にする。例えば、C++Javaで書かれたコンポーネント間などに利用できる。

IDL は遠隔手続き呼出し (RPC) ソフトウェアで一般に使われる。この場合、「リンク」の両端にあるシステムは異なるオペレーティングシステムを使っていて、言語も異なることが多い。IDL はこのような異なる2つのシステム間の橋渡しをする。

インタフェース記述言語の例[編集]

IDL specification language
クイーンズ大学で開発された独自のインタフェース記述言語
Microsoft Interface Definition Language (MIDL)
マイクロソフトによるIDL
DCEに基づいている)
Open Service Interface Definitions (OSIDs)
Open Knowledge InitiativeによるIDL
サービス指向アーキテクチャ向け)
Protocol Buffers
Google による IDL
WSDL
SOAPの記述言語
Thrift IDL
Apache Thrift フレームワーク内で使用されるIDL
OpenAPI 仕様英語版
REST API を記述するIDL
GraphQL
WebAPI を記述するIDL[1]

インタフェース記述言語を使用するシステムの例[編集]

ONC RPC
サン・マイクロシステムズ
DCE
(The Open Group)
System Object Model
(IBM)
CORBA
(OMG)
SOAP
(W3C)
Protocol Buffers
(Google)
Swagger英語版
OpenAPI で REST API を記述するソフトウェア実装

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ FAQ”. GraphQL. The GraphQL Foundation. 2022年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]