WebWork

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WebWork
開発元 OpenSymphony英語版
最新版 2.2.6 / 2007年07月21日(6年前) (2007-07-21
プログラミング言語 Java
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 Unmaintained
種別 Webアプリケーションフレームワーク
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://www.opensymphony.com/webwork/
テンプレートを表示

WebWorkは、OpenSymphony英語版によって開発されていた、JavaベースのWebアプリケーションフレームワークである。 開発者の生産性とコードのシンプルさを向上させる、という意図を以って開発された。 WebWorkは、XWork上に構築され、制御の反転コンテナと同様に、一般的なCommand パターンフレームワークを提供する。

WebWorkは、フォーム コントロール、UIテーマ、国際化JavaBeansにマッピングされる動的なフォーム パラメーター、堅牢な クライアント サイドとサーバー サイドでの検証、等の再利用可能なUIテンプレート構築への堅牢なサポートを提供する。

2005年、WebWorkは2.2を最後にStruts2へと統合されることが発表された[1]2007年にリリースされたStruts2は、WebWork2をベースとしたものとなっている[2]

ライセンス[編集]

WebWork はApache Software Licenseを修正(且つ、完全互換)したOpenSymphony Software Licenseを使用する。

脚注[編集]

  1. ^ WebWork joining Struts” (英語) (2005年11月27日). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月26日閲覧。
  2. ^ Struts2入門”. CodeZine (2008年3月21日). 2011年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]