WIRE (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WIRE (人工衛星)
Wire.jpg
基本情報
NSSDC ID 1999-011A
所属 アメリカ航空宇宙局
打上げ日時 1999年03月05日 02:56:00 UTC
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地
打上げ機 ロッキード L-1011 トライスター / ペガサスXL
質量 250.0 kg
公式サイト www.ipac.caltech.edu/wire/

WIRE (英語: Wide Field Infrared Explorer) は1999年3月5日にペガサスで高度409kmから426kmの極軌道に打ち上げられた人工衛星である。WIREは4ヶ月間かけて全空の赤外線観測を行い、特にスターバースト銀河原始銀河を観測することを目的として設計された。研究の拠点はカリフォルニア州パサデナの赤外線処理分析センターに置く。運営、結合、試験はメリーランド州ゴダード宇宙飛行センターで行われる。望遠鏡と冷却装置はユタ州の航空宇宙工学研究所で製造された。

宇宙船の開口部のカバーが開くタイミングが早すぎて打上げ直後に脱落してしまい、固体冷却水素が喪失してしまった。これにより当初予定していた観測は不可能となった。しかし搭載された恒星追跡装置は機能し、長期に渡って明るい恒星の光度を正確に測定し、星震学の発展に寄与した。

WIREの当初の目的は、2009年12月14日に打ち上げられ2010年1月14日から稼働した後継の広域赤外線探査衛星 (WISE) によって達成された。

WIREは2011年5月10日に大気圏に突入し消滅した[1]

出典[編集]

  1. ^ WIRE: The Wide Field Infrared Explorer”. Infrared Processing and Analysis Center. 2012年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]