エクスプローラー3号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エクスプローラー3号
所属 アメリカ陸軍弾道ミサイル局
主製造業者 ジェット推進研究所
国際標識番号 1958-003A
カタログ番号 00006
目的 宇宙線流星塵の検知
観測対象 地球
計画の期間 93日
打上げ機 Jupiter-C
打上げ日時 1958年3月26日17時31分(UTC
物理的特長
質量 14.1 kg
軌道要素
近点高度 (hp) 186 km
遠点高度 (ha) 2,799 km
軌道傾斜角 (i) 33.38°
軌道周期 (P) 115.7 分

エクスプローラー3号: Explorer 3)はアメリカ合衆国人工衛星1958年3月26日ケープカナベラル空軍基地より打ち上げられた。エクスプローラー1号の実験を継続することが目的で、1号機とほぼ同設計であり、同じミッションを繰り返した。

設計[編集]

エクスプローラー3号は宇宙線の検知のため、ガイガーカウンターを搭載していた。1号機の観測結果とあわせて、ヴァン・アレン帯の発見に繋がった。また、流星塵探知器も搭載していた。

参考文献[編集]