WASP-8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WASP-8
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 ちょうこくしつ座
赤経 23h 59m 36.07s
赤緯 -35° 01′ 52.9″
視等級 (V) 9.9
特徴
スペクトル分類 G6
アストロメトリー
距離 160 光年
(49 パーセク)
詳細
質量 0.93 M
半径 0.93 R
光度 0.79 L
表面温度 5600 K
他の名称

WASP-8は9.9等級のG型主系列星である。温度は5600K、質量及び半径は太陽の0.93倍で、光度は太陽の0.79倍である[1]

惑星系[編集]

2008年スーパーWASPの観測により、この恒星の周りを公転している太陽系外惑星WASP-8bが発見された。この惑星はトランジット法によって発見された。WASP-8は恒星から0.08AU離れた軌道をわずか8日で公転している、典型的なホット・ジュピターである。さらに、2014年には、WASP-8bよりはるかに外側に新たにWASP-8cが発見された。WASP-8bとは違い、発見方法が視線速度法の為、直径軌道離心率については不明である。なお、スーパーWASPが発見した惑星系の中で2個の惑星が発見されているのは、今のところ、WASP-8だけである。

WASP-8の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 2.23 MJ 0.0793 8.16 0.3082 1.17 RJ
c 9.45 MJ 5.28 4323

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ THE (SUPER)WASP FACTORY FINDS 10 NEW PLANETS IN THE LAST 6 MONTHS” (2008年). 2009年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]