WASP-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WASP-2
星座 いるか座
視等級 (V) 11.98[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 20h 30m 54.1300s[1]
赤緯 (Dec, δ) +06° 25′ 46.37″[1]
固有運動 (μ) 赤経: 3.0 ミリ秒/[1]
赤緯: -53.1 ミリ秒/年[1]
距離 479 光年
(147 パーセク[2]
絶対等級 (MV) 6.14
物理的性質
半径 0.807 ± 0.030[3] / ? R
質量 0.77 / 0.48 M[2]
表面重力 34.5[3] / ? G
スペクトル分類 K1 V[4] / M0 - 1.5[2]
表面温度 5,150 ± 80 / 3,780 ± 46 K[3]
金属量[Fe/H] -0.08 ± 0.08[3] / ?
年齢 5.6 +8.4
−5.6
×109[5]
地球から見た位置 (WASP-2Aとの関係)
位置角 104.7°[2]
角距離 0.757″[2]
軌道要素と性質
太陽からの平均距離 111 AU[2]
公転周期 (P) 1,400 年[2]
別名称
別名称
GSC 00522-01199, 1SWASP J203054.12+062546.4
Template (ノート 解説) ■Project

WASP-2は、いるか座の方角に約479光年の距離にある連星系である。主星は約12等級K型主系列星[1]、伴星は約16等級のM型星である。

惑星系[編集]

2006年SuperWASP計画で太陽系外惑星が発見された[4]天文学者のウラジミール・リラは、Portunusと呼ぶことを提案している[6]

WASP-2の惑星[2]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 0.914 ± 0.092 MJ 0.03138 ± 0.00142 2.152226 ± 4 ×105 0 84.80 ± 0.39°° 1.117 ± 0.082 RJ

連星系[編集]

2008年トランジット法で太陽系外惑星が発見された14個の恒星について調査が行なわれた。これらの星は、スペインのカラール・アルト天文台英語版)にある口径2.2mの反射望遠鏡により観測された。その結果、WASP-2とその他2つの星は、連星系であることが明らかとなった。

伴星は、主星からは約0.76離れており、これは実際の距離では約111AUにあたる。公転周期はおよそ1,400とみられる。この発見により、惑星と主星のパラメータが再計算された[2]

発見したグループは伴星を、惑星WASP-2bとの混同を避けるために、主星WASP-2Aに対してWASP-2/Cと表記した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f WASP-2 -- Double or multiple star”. SIMBAD. Centre de Donnees astronomiques de Strasbourg. 2009年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Daemgen, S.; et al. (2009). “Binarity of transit host stars - Implications for planetary parameters”. Astronomy and Astrophysics 498: 567-574. Bibcode 2009A&A...498..567D. doi:10.1051/0004-6361/200810988. 
  3. ^ a b c d Southworth, John; et al. (2010-11), “High-precision photometry by telescope defocusing - III. The transiting planetary system WASP-2”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 408 (3): 1680-1688, Bibcode 2010MNRAS.408.1680S, doi:10.1111/j.1365-2966.2010.17238.x 
  4. ^ a b Collier Cameron, A.; et al. (2007). “WASP-1b and WASP-2b: two new transiting exoplanets detected with SuperWASP and SOPHIE”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 375 (3): 951-957. Bibcode 2007MNRAS.375..951C. doi:10.1111/j.1365-2966.2006.11350.x. 
  5. ^ Torres, Guillermo; Winn, Joshua N.; Holman, Matthew J. (2008-04), “Improved Parameters for Extrasolar Transiting Planets”, Astrophysical Journal 677 (2): 1324-1342, Bibcode 2008ApJ...677.1324T, doi:10.1086/529429 
  6. ^ Lyra, W. (2010-10). “Naming the extrasolar planets”. Boletim da Sociedade Astronòmica Brasileira 29 (19): 26. Bibcode 2010BASBr..29...26L. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 20h 30m 54.1300s, +06° 25′ 46.37″