THE BANANA MONKEYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

THE BANANA MONKEYS(ザ バナナ モンキーズ)は日本の音楽グループ、女性アイドルグループである。略称はバナナモンキーズ、ばなもん、お猿さん、ばなもん、tbmsと複数あるが、公式は「ばなもん」「バナモン」としている。

結成時のコンセプトは「世界中を感動の渦に」[1][注 1]。2018年7月16日「ビジネス系金儲けアイドル」にコンセプトを変更[1]。3日後には炎上を狙ってしまったと謝罪のうえ、「世界中を感動の渦に」へ戻している[2]

概要[編集]

2017年3月に秋葉原のライブハウスでお披露目。初期はR-Village MUSICであったが、発売前に契約解除されている[3]。その後、LOFT RECORESに所属するも契約満了。

結成当初は「ヴィジュアル系エアーバンド」を謳っていたが、パンクバンドや正統派アイドル、ガールズテクノポップユニット等、たびたび呼称を変えており、当人たちは「どちらでもいい」、としている[4]。現在は『正統派アイドル』と評している。ライブのことを「ジム」、物販のことを「エサやり」ファンのことを「飼育員」と呼ぶ。ライブ中は写真、動画撮影可能。

マジックミラー号を使用してのミュージックビデオ[注 2]、キス特典会[3]ラブホテルオフ会など、注目を浴びることを目的にいわゆる炎上行為を度々おこなう。年齢未公表であるものの、2017年11月に未成年アイドルと報道されている[3]こともあり、この度に批判にさらされているが、あくまで面白いことを求めた結果であり、「おそらくこれからも頭がおかしいと言われ、馬鹿にされ、笑われ続けるだろう。それでも恥じず、絶対に折れない。」とグループとして発表している[3](後述の「革命宣言」の一節)。

矢口真里の火曜The Night(2018年12月5日、AbemaTV)では20代の運営2名がスタジオに呼び出され、ヤバさの元凶と指摘されている[5]

沿革[編集]

2017年[編集]

3月18日 - PLUM LIVE STAGE にてデビュー。事前に宣伝や告知が殆どなかったため、ほぼ無観客となった。

4月2日 - アイドル甲子園にて「バナナ食べさせ会」という企画を行い、注目を集める

5月13日 - 1stワンマンライブ「天下統一」in下北沢WAVERを開催。

7月2日 - Pre2ndワンマンライブin中野heavysickZEROにて開催。

8月7日 - 初主催ライブ「バナナの日に異業種交流会?!」in下北沢SHELTERにて「およそ3」、「便所の草」と3マンライブを開催

8月26日 - R-Village MUSICとレーベル契約。2018年3月にCDのリリースを発表。 

10月29日 - 2ndワンマンライブ「諸行無常」in下北沢SHELTERを開催。このライブで安部真白が脱退[6]、新メンバーのモズク・サン、みんみんの加入が発表

11月3日 - パンクバンドから一転、正統派アイドルグループとして活動を行う。 

11月25日 - 「THE BANANA MONKEYSのドキュメンタル〜地獄を見せる〜」を開催。過激な企画を行い炎上。

11月26日 - R-Village MUSICとの契約は方針が合わないという理由でレーベル契約解除。

11月27日 - 炎上を受け、公式が「革命宣言」をTwitter上に投稿。再炎上 。

2018年[編集]

1月25日 - 新宿Marbleにて1周年記念ワンマンチケット販売無銭ライブ「不撓不屈」を開催。

2月20日 - 「THE BANANA MONKEYS公開オーディション」in 新宿ハイジアV-1を開催。3名のオーディション参加者がいたが、その後の行方は不明。

3月16日 - 1周年記念ワンマンライブ「創世記-Genesis」in 新宿LOFTにおいて新メンバー・豊臣カリン様の加入。オリジナルメンバーの古谷紀香が脱退[7]

6月28日 - YouTubeで公開された新曲「今を生きろ。」のミュージックビデオに田代まさしを起用[8]

7月21日 - YouTube上にて上記楽曲のプロモーションとしてしくじり先生のパロディ番組、「やらかし先生〜やらかし人生から学ぼう」を公開。田代まさしを講師として招く[9][10][11][12][13]

8月12日 - 「バナフェス2018」にて春野みるが加入するも、わずか1週間で脱退。

10月29日 - 新宿ハイジアV-1でローションフェスを開催[14]

11月17日 - 渋谷VUENOS公演を持って豊臣カリンが脱退[15]。また、学業専念を理由にみんみんも11月17日付けで脱退を発表[16]

11月24日 - 「THE BANANA MONKEYSのドキュメンタル〜地獄の先へ〜」を開催。

12月4日 - 渋谷LOFT HEAVENにて公開オーディション&トークイベント「ブスで、売れたらダメですか?」を開催。公開オーディションの特別審査員に田代まさし&ジョーブログか就任[17]

2019年[編集]

1月8日 - 「バナフェスmini」in 渋谷TAKE OFF7にてアスカ・レイ、水口じゃぐちが加入。

3月14日 - マイナビBLITZ赤坂にて2周年記念ワンマンライブ「ホワイトデーに赤坂かよ?」を開催。公演終了後、現メンバーとの契約を解除し活動の意思がある者のみ、4月2日の単独公演にて再契約を行う「THE BANANA MONKEYSの崩壊」を発表した。

4月2日 - 下北沢WAVERにて単独公演「私たち、どうしたらいい?」を開催。メンバー全員が「残留」を発表し再契約を結んだ。ほんま・かいな、ダイナマイト・マリンが加入。

6月13日 - 『バナモンGANG Vol.3〜LAST ASUKA〜』in渋谷Milkywayにてアスカ・レイが脱退。

9月7日 - 新宿LOFTにて単独公演「LAST LOFT」を開催。レーベルの所属がなくなったことを発表。

10月12日 - 東京ドームシティラクーア野外ステージにて『手フェスフェス』を開催予定だったが、台風19号の影響で中止。

10月25日 - 24時間企画THE BANANA MONKEYSのドキュメンタル「地獄ってどこ?」を開催。Twitterにてハッシュタグ「#山田孝之に届け」が一時的にトレンド入りを果たす。同日に公開された新曲

「きゅん」が山田孝之氏のTwitterにていいねされた。

11月27日 - 3rdシングル「きゅん」を発売。表題曲「きゅん」は俳優の山田孝之氏に向けて書いた曲とされている

12月4日 - Zepp Tokyoにて4thワンマンライブ「大戦記-Genesis」を開催。

12月25日 - モズク・サンが脱退。

2020年[編集]

2月2日 - 「バナナキャッチ」にてイッヌ・サンが加入が発表されるもわずか3時間ほどで脱退。理由は「道端でウンコをしたため」とされている。

3月1日 - 「30日後に死ぬアイドル」にて水口じゃぐちが脱退。同公演のダブルアンコールにて、新メンバーのチャンチー、ピノコが加入。
5月21日、アダルトビデオ実況をYouTubeにて公開[18]。当初PornhubのサイトURLを張っていたことから違法視聴の疑いがあり、AV女優[19]、スタッフ[20]など業界内外から批判された。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

氏名 生年月日 加入日 備考
天下のちゃんゆき 4月26日生まれ オリジナルメンバー くそ作家。作詞を担当。愛称は「天下」、「天カス先生」。ブスアイドルコンテスト「ブスiD」2018年TRASH-UP!!賞受賞[21]。前歯に穴が開いている[22]
ほんま・かいな 5月7日生まれ 2019年4月加入 メインボーカルを担当。
ダイナマイト・マリン 3月14日生まれ 2019年4月加入 4コマ漫画「100日後にアイドルになる工場勤務」が話題。独特のダンス「ダイナマイトダンス」にも定評あり。
チャンチー 5月9日生まれ 2020年3月加入 振付を担当。
ピノコ 8月18日生まれ 2020年3月加入 未知数。

過去のメンバー[編集]

  • 安部真白(2017年10月29日脱退)
  • 古谷紀香(2018年3月16日脱退)
  • 豊臣カリン(2018年11月17日脱退)
  • みんみん(2018年11月17日脱退)
  • アスカ・レイ(2019年6月13日脱退)
  • モズク・サン(2019年12月25日脱退)
  • ウンコ・サン(2020年2月2日脱退)
  • 水口じゃぐち(2020年3月1日脱退)
  • 春野みる(脱退日不明)

ワンマンライブ[編集]

公演名 公演日 会場 備考
1stワンマンライブ「天下統一」 2017/05/13 下北沢WAVER(キャパ130)
2ndワンマンライブ「諸行無常」 2017/10/29 下北沢SHELTER(キャパ250)
1周年記念ワンマンライブ「創世記-Genesis」 2018/03/16 新宿LOFT(キャパ550)
3rdワンマンライブ「新世紀-Genesis」 2018/09/07 恵比寿LIQUIDROOM(キャパ900) 田代まさし氏出演
2周年記念ワンマンライブ「ホワイトデーに赤坂かよ?」 2019/03/14 マイナビBLITZ赤坂(キャパ1298)
4thワンマンライブ「大戦記-Genesis」 2019/12/04 Zepp Tokyo(キャパ2416)
3周年記念ワンマンライブ「PLANET OF THE APES」 2020/03/15 東京ドームシティラクーア 野外ステージ(キャパ無限)
5thワンマンライブ「タイトル未定」 2020/09/01 新木場STUDIO COAST(キャパ2400)

映像作品[編集]

タイトル 作詞 作曲 監督 監修 リンク
【MV】THE BANANA MONKEYS / 歯磨き 天下のちゃんゆき J.K≒3.0[oyoso3] 森翔太 - https://www.youtube.com/watch?v=-oBSAEXunOs
【MV】THE BANANA MONKEYS / 今を生きろ。 天下のちゃんゆき M87 國分智之, 阪本拓実 森翔太 https://www.youtube.com/watch?v=4OPAhUvzDtE
「やらかし先生〜やらかし人生から学ぼう」 - - 森翔太 - https://www.youtube.com/watch?v=enwu6gBhzkc
【MV】日本昔バナナし / THE BANANA MONKEYS モリ・マサ M87 モリ・マサ - https://www.youtube.com/watch?v=onEN6KtPS64
【MV】何者 / THE BANANA MONKEYS 天下のちゃんゆき J.K≒3.0[oyoso3] 森翔太 - https://www.youtube.com/watch?v=K4IxxKAVaow
【MV】新しい日々 / THE BANANA MONKEYS 天下のちゃんゆき J.K≒3.0[oyoso3] モリ・マサ - https://www.youtube.com/watch?v=IJGYtywcmdM

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 矢口真里の火曜The Night(2018年12月5日、AbemaTV)では「26時のマスカレイド」のパクリと語っている。
  2. ^ 実際にはマジックミラー号を借りておらずミュージックビデオのために撮影スタッフがセットとして自作したものである。

出典[編集]

  1. ^ a b “THE BANANA MONKEYSが「ビジネス系金儲けアイドル」に!突如コンセプト変更を発表” (日本語). https://ototoy.jp/news/88973 2018年7月26日閲覧。 
  2. ^ “THE BANANA MONKEYS、コンセプトを「世界中を感動の渦に」に戻す” (日本語). https://ototoy.jp/news/88984 2018年7月26日閲覧。 
  3. ^ a b c d “未成年アイドルがファンとディープキス企画実施! ノリノリで動画配信する運営とメンバーたち|BIGLOBEニュース” (日本語). BIGLOBEニュース. https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1130/mes_171130_5108619632.html 2018年7月24日閲覧。 
  4. ^ “飼えるアイドル「THE BANANA MONKEYS」” (日本語). 090-6143-2407『フェスボルタ』公式サイト. https://fesvolta.themedia.jp/posts/3275706 2018年7月24日閲覧。 
  5. ^ a b 矢口真里の火曜The NIGHT#132〜ギリアウト?超危険なバナナモンキーズ♡ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2018-12-04T18:10:43Z閲覧。
  6. ^ “安部真白(あべましろ)脱退のお知らせ” (日本語). THE BANANA MONKEYS. http://www.thebananamonkeys.com/posts/3048885/ 2018年7月26日閲覧。 
  7. ^ “古谷紀香 脱退のお知らせ” (日本語). THE BANANA MONKEYS. http://www.thebananamonkeys.com/posts/3717794/ 2018年7月24日閲覧。 
  8. ^ “田代まさし氏と"タブー"に挑む!バナモン、新曲「今を生きろ。」のMV公開” (日本語). https://ototoy.jp/news/88915 2018年7月26日閲覧。 
  9. ^ ラップごしに一般人とキス…“炎上アイドルグループ”が、田代まさしと夢の対談!」『KAI-YOU.net | POP is Here .』。2018年7月24日閲覧。
  10. ^ “【動画あり】マーシーこと田代まさしが完全に覚醒していてヤバい” (日本語). ロケットニュース24. (2018年7月25日). https://rocketnews24.com/2018/07/25/1095216/ 2018年7月26日閲覧。 
  11. ^ “田代まさし氏、出所4年で芸能活動「少し早いかな」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00280412-nksports-ent 2018年7月26日閲覧。 
  12. ^ “田代まさし氏 出所から4年、地下アイドルMVに出演「少し早いかなと思いましたが…」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000050-dal-ent 2018年7月26日閲覧。 
  13. ^ THE BANANA MONKEYS、田代まさし起用MVが話題の「今を生きろ。」発売(動画あり) - 音楽ナタリー” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年8月1日閲覧。
  14. ^ 【ライヴ・レポート】バナモン、前代未聞のローションフェス!ファンや運営も全員ヌルヌルの"地獄絵図"に” (日本語). ototoy.jp. 2018-12-04T18:18:39Z閲覧。
  15. ^ THE BANANA MONKEYS、豊臣カリンの脱退を発表” (日本語). ototoy.jp. 2018-12-04T18:19:28Z閲覧。
  16. ^ “みんみん 脱退のお知らせ”. https://www.thebananamonkeys.com/posts/5242051 
  17. ^ バナモン新メンバー公開オーディション、田代まさし&ジョーブログが特別審査員に” (日本語). ototoy.jp. 2018-12-04T18:16:43Z閲覧。
  18. ^ MONKEYS, THE BANANA (2020年5月21日). “漫画をオススメしてるのに、漫画村をオススメしてるという方の意見がかなり腑に落ちたのでツイートを削除しました!申し訳ございません!” (日本語). @info_banamon. 2020年5月21日閲覧。
  19. ^ 乃木蛍 (2020年5月21日). “違法アップロードサイトじゃなくて正規サイトで是非ご視聴して下さい!” (日本語). @HotaruNogi. 2020年5月21日閲覧。
  20. ^ dec@コスプレ一本勝負 (2020年5月21日). “違法サイトで視聴実況勘弁してくれ!” (日本語). @dec19811231. 2020年5月21日閲覧。
  21. ^ ブスiD2018@公式 on Twitter」『Twitter』。2018年7月24日閲覧。
  22. ^ 「前歯、穴開いてます」歯が“汚すぎる”アイドル登場! 矢口真里「ダメだこりゃ!」” (日本語). AbemaTIMES. 2018年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]