SubRip

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SubRip
開発元 Brain, Zuggy[1]
最新版
1.57.1 / 2018年11月14日(2年前) (2018-11-14[2]
プログラミング
言語
Delphi
対応OS Microsoft Windows
対応言語 English
種別 Subtitle editor
ライセンス GPL[1]
公式サイト zuggy.wz.cz
テンプレートを表示

SubRip はWindows用のフリーソフトウェアプログラムである。ビデオソフトに含まれている字幕データを抽出する機能をもつ。GNU GPLの下でリリースされたフリーソフトウェアである。Subripはこのソフトウェアによって作成されたテキスト字幕ファイル形式のフォーマット名としても知られている。

SubRipソフトウェア[編集]

光学文字認識を使用して、SubRipは生放送のビデオやビデオファイル、DVDから字幕データを抽出し、抽出した字幕をそのタイミングでSubrip形式の テキストファイルとして記録する。 [3] 設定を変えれば、認識したビットマップ形式の字幕を保存し、別途ソースビデオから減算処理(消去)のために使うことが可能である。 [4][5]

実際に動かす時には、SubRipを認識するビデオソースと同じコーデック に正しく設定し、字幕エリアやフォント、スタイル[6]、色およびビデオ処理に必要な要件[7]をユーザーが調整することで字幕を認識する。 試行と微調整が済めば、SubRipは再生しているビデオソースファイル全体の字幕を自動的に抽出できる。 そしてSubRipは、各字幕の開始時刻と終了時刻、および字幕そのものの内容をテキストファイルである.srtファイルに記録する。 [8]

SubRipはビデオ本体からフレームを抽出するのにAviSynthを使用する。このプログラムでサポートされているすべてのビデオファイルから字幕をリッピングすることが可能である。

Subripのファイルフォーマットは、Matroskaマルチメディアコンテナフォーマットの Webサイトでの報告によれば、「おそらくすべての字幕フォーマットの中で最も基本的なもの」である。 [9] SubRip(SubRip Text)ファイルは拡張子 .srtで命名され、空行で区切られたグループでフォーマットされたプレーンテキストで構成される。 字幕は1から順番に番号が付けられる。 使用されるタイムコード形式は、 時:分:秒,ミリ秒であり、時、分、秒は0詰めの2桁で、ミリ秒は0詰めの3桁(00:00:00,000)で表記される。秒以下を区切る小数点記号コンマなのは、プログラムがフランスで書かれていることに由来する 。

  1. 各字幕を識別する連続した数値カウンタ
  2. 字幕が画面に表示され始める時刻、-->という記号、字幕が消える時刻
  3. 1行もしくはそれ以上の字幕テキスト
  4. この字幕の終わりを示すテキストを含まない空行[9]

例:

168
00:20:41,150  --> 00:20:45,109
- How did he do that?
- Made him an offer he couldn't refuse.

書式[編集]

非公式だが、非常に基本的なテキストフォーマットがあり、レンダリング時に解釈するか無視するかは処理するアプリケーションに依存する。 書式は、太字、斜体、下線、色のHTMLタグから派生したものである。 [10]

  • 太字 - <b> ... </b>または{b} ... {/ b}
  • 斜体 - <i> ... </i>または{i} ... {/ i}
  • 下線 - <u> ... </u>または{u} ... {/ u}
  • フォントの色 - <font color = "color nameまたは#code"> ... </font> ( HTMLと同様)

タグは入れ子可能である。実装によっては行全体が1フォーマットのみで処理される。

互換性[編集]

SubRipの .srtフォーマットは、Comparison_of_video_player_software.に記載されているように多くのビデオプレイヤーソフトでサポートされている。 Windows上のソフトウェアビデオプレーヤーで字幕再生を直接サポートしていないものでも、VSFilter DirectX フィルターを通してSubripやその他の字幕フォーマットを表示可能である。 [11] SubRipフォーマットは、多くの字幕作成/編集ツール[12]や一部のハードウェアホームメディアプレイヤーでもそのまま使用可能である。 [13][14][15][16][17] 2008年8月、YouTubeはFlashビデオプレーヤーの字幕サポートを「クローズドキャプション」オプションで追加した。コンテンツ制作者は字幕をSubRip形式でアップロードできる。 [18]

WebVTT[編集]

このフォーマットはもともとWebSRT(Web Subtitle Resource Tracks)と呼ばれていたもので、2010年10月にWeb Hypertext Application Technology Working GroupによりHTML5< track >要素として提案された。 それは.srtファイル拡張子を共有しており、SubRip形式(の一部)に"広範囲に基づいている"とされていたが、SubRipと完全な互換性のあるものではなかった。 [19][20] このフォーマットは後にWebVTT(Web Video Text Track)と改名された。 [21][22] GoogleのChromeとMicrosoftのInternet Explorer 10ブラウザが、HTML5ビデオ用のWebVTTファイルで<track>タグをサポートした初のブラウザとなる。 Mozilla Firefoxはnightly builds(Firefox 24)でWebVTTを実装しており、Firefox 31(2014年7月24日)時点では、WebVTTがデフォルト実装となった。 [23] ただ、使うためには、Firefox上で「about:config」ページに移動して「media.webvtt.enabled」の値をtrueに設定し、この機能を有効にする必要があった。 [24] YouTubeは2013年4月にWebVTTサポートを開始した。 [25]

文字コード[編集]

SubRipのデフォルトの出力エンコーディングはWindows-1252に設定されている 。 ただし、出力オプションで多くのWindows_code_page Windows code pages や、UTF-8UTF-16などのUnicodeエンコード(Byte Order Mark (BOM)の有無も含めて)が選択可能である。 したがって、 .srtファイルにはデファクトの文字コードは存在せず、SubRipファイルを解析する際には文字コードを検出する必要がある。 Unicode Byte Order Mark (BOM) も検出を補助するためによく使用される。

多くの組込みハードウェアベースのプレイヤーは、市販のフォントを使用する際のライセンス費用のため、ASCIIまたは西ヨーロッパのフォントしかサポートしていない。 [要出典]

関連項目[編集]

  • Subtitles
  • Closed Captioning
  • Timed Text
  • Comparison of video player software, subtitle ability
  • Avidemux
  • List of free television software
  • MicroDVD
  • SubStation Alpha
  • Universal Subtitle Format
  • DirectVobSub is able to extract subtitles from a DVD without first extracting the files from it.

脚注[編集]

  1. ^ a b Zuggy, DVD, November 6, 2006.
  2. ^ SubRip Download on SourceForge
  3. ^ Thaureaux 2007, pp. 131–134
  4. ^ Zuggy、News、2005年5月28日付けのエントリー。
  5. ^ Thaureaux 2007, p. 132
  6. ^ Thaureaux 2007, p. 136
  7. ^ Zuggy、ガイド。
  8. ^ Thaureaux 2007, p. 137
  9. ^ a b SRT Subtitles”. matroska.org. CoreCodec Inc.. 2010年8月19日閲覧。
  10. ^ SubRip(.SRT)字幕のプレーヤーサポート - ale5000.altervista.org
  11. ^ 陈波, 杨涛 (2006). 实用工具软件玩家攻略. 清华大学出版社. pp. 75–76. ISBN 978-7-302-11994-4. https://books.google.com/books?id=FjF2XragdYYC&pg=PA75#v=onepage&q 2010年9月11日閲覧。 
  12. ^ マーティン、クリス(2009年12月29日)。 "15最高の字幕ツール"aboutonlinetips.com ;バイナリヘッドリストされているすべてのアプリはSubRip(SRT)をサポートしていますが、記事は15のうち約7に固有です。
  13. ^ スタッフ(2003年9月) 「リビングルーム用のDivXプレーヤー」(Neuston Maestro DVX-1201) 。レビューhardwaremag.com ;シンガポールHWM
  14. ^ tokig(2003年7月13日) "KiSS DP-500のレビュー - 再生"nordichardware.com ;北欧ハードウェア。
  15. ^ Argosy Media Player HV335T HDD(HD1080p) Product page Archived 2010-02-08 at the Wayback Machine. argosy.com; Argosy, 2009.
  16. ^ Cericola、Rachel(2009-12-08)。 Western Digital WD TVライブHDメディアプレーヤーレビュー。 bigpicturebigsound.com ;ビッグピクチャービッグサウンド。
  17. ^ Suerte Felipe、カルロ(2009年2月16日)。 Samsung DVD-F1080でスタイリッシュにマニラ速報出版物。 2010-08-19を取得しました。
  18. ^ チザムと5月:p。 82。
  19. ^ WebSRTフォーマットについて
  20. ^ WHATWG HTMLドラフト仕様から、 WebSRTは2010-10-14を取得
  21. ^ Kennedy, Antony; de Leon, Inayaili (2011). Pro CSS for High Traffic Websites. Apress. ISBN 978-1-4302-3288-9. https://books.google.com/books?id=9A6w3ZBDtysC&pg=PA168#v=onepage&f=false 
  22. ^ Pfeiffer (2011年6月27日). “Recent developments around WebVTT”. 2019年4月2日閲覧。
  23. ^ Firefox 31 Release Notes”. 2019年4月2日閲覧。
  24. ^ Implement the track element”. 2019年4月2日閲覧。
  25. ^ Caption File - YouTube Help”. 2019年4月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]