Saya

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saya_2015ver
Saya_2016ver TELYUKA

Saya(さや)は夫婦によるCG制作ユニット“TELYUKA(テルユカ)”による、フルCG女子高生キャラクター、バーチャルアイドルである[1]

概要、経歴[編集]

2015年自主制作作品を紹介するつもりでTwitter上で発表され、「不気味の谷を超えた」と話題になる[2]CGWORLD大賞 2015にノミネート[3]

凹凸の少ない「日本人の若い女の子」を違和感なくCGで表現するのは、難易度が高く、だからこそ挑戦のし甲斐があると、徹底的に手書きで色合いを重ね再構築した。衣服も型紙から切り出し作り込んでいる。

2016年以降は「ヴァーチャル ヒューマン プロジェクト」としてTELYUKAを中心とし,ロゴスコープと合同で制作を開始[4]。街中での実用化に向けた研究が始まった。

2017年人工知能将棋囲碁の世界で戦うように、現実の女子に紛れ込んで挑戦したいという意気込みから講談社ミスiD」に応募し、セミファイナリストに選出[5]。 同年のりんなとともに、架空のキャラが同賞レースに選出されるのは初となる。

2017年08月31日、「ミスiD」自己紹介動画を公開[6][7]

笑顔は顔面の筋肉が複雑に連動するので、「満面の笑顔」の表現を課題としている[8]

ミスiD2018「ぼっちが、世界を変える。」賞受賞

2018年3月、第21回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門  審査委員会推薦作品 選出

2018年3月アメリカテキサスで開催されたSXSW 2018 tradeshow にて、表情認識を搭載しノンバーバルコミュニケーションが可能なインタラクティブな展示を実施

2018年6月NHK学生ロボコン、NHKサイエンスZEROのブースにて表情認識搭載、等身大描画による「Emo-Talk with Saya」の展示を実施

2018年8月NHK総合「東京2020パラリンピック大図鑑」にて出演

2018年11月日本外務省の制作する番組「日本ビデオトピックJapan Video Topics」にて紹介される

2019年10月NHKBS1「地球リアル 不気味の谷をアイで越える」にて放送[9]

2019年11月科学技術振興機構「サイエンスアゴラ2019」の公式キービジュアルに起用

2019年11月リップシンクによる発話機能「Talk to Saya」を新たに付加し、会話エンジンとしてAIりんなを採用することで、Sayaとリアルタイムに「会話」することが可能になり、Sayaとの会話を通してAI技術を学ぶ授業「1日転校生Saya」を鎌倉女学院高等学校で実施[10]

2020年5月24日MBSテレビ含むTBS系列にて放送される「情熱大陸」にて放送

出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌、書籍[編集]

  • CGWORLD」(2016年1月号、ボーンデジタル)表紙
  • 日経トレンディ」(2017年11月号、日経BP社)表紙
  • スカルプターのための美術解剖学(2016/11/26、ボーンデジタル)推薦帯
  • 「HiVi」(2019年8月号、ステレオサウンド)表紙[11]

新聞広告[編集]

  • bitFlyer「仮想が時代をつくってく」(2017年、bitFlyer)

イベント[編集]

  • CEATEC JAPAN 2016 SHARP・ブース[12]
  • ミスiD2018 「ぼっちが、世界を変える。」賞受賞
  • Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.企画ブース「MeetSaya」
  • SXSW2018 Trade Show 「Emo-Talk」 博報堂ブース[13]
  • 2018年NHK学生ロボコン サイエンスZEROブース「Emo-Talk with Saya」
  • 2019年サイエンスアゴラ2019 「Emo-Talk 」
  • 2019年鎌倉女学院高等学校 「1日転校生Saya」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京ゲームショウ2016直前、3DCG女子「Saya」の話題も加わって”未来が変わる”的な話”. GAME Watch (2016年9月14日). 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ CG女子高生「Saya」が超リアル 「不気味の谷」超えた執念の手描き”. CGWORLD (2016年5月17日). 2016年9月14日閲覧。
  3. ^ CGWORLD大賞とは?”. withnews(ウィズニュース) (2015年12月1日). 2017年9月1日閲覧。
  4. ^ "かぎりなく実写"な女子高生CGキャラ『Saya』で国内外から注目をあつめるデジタルアーティスト、「TELYUKA」(テルユカ)とは、何者?”. CGWORLD.jp (2015年11月19日). 2017年9月1日閲覧。
  5. ^ “実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、「ミスiD」セミファイナリストに”. ITmedia News (2017年7月21日). 2017年9月1日閲覧。
  6. ^ 動く姿と表情が違和感を忘れるかわいさ 3DCG美少女「Saya」がついにオーディション「ミスiD」のPRムービーに登場”. ねとらぼ (2017年8月31日). 2017年9月1日閲覧。
  7. ^ “実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、頬を膨らませる 「ミスiD」アピール動画を公開”. ITmedia NEWS (2017年8月31日). 2017年9月1日閲覧。
  8. ^ CG女子高生「Saya」、満面の笑顔は苦手…そのワケは? 制作者に聞く”. withnews(ウィズニュース) (2017年9月13日). 2018年1月10日閲覧。
  9. ^ (英語) Beyond the Uncanny Valley - Slice of Life | NHK WORLD-JAPAN On Demand, https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/3004627/ 2020年5月8日閲覧。 
  10. ^ “まるで実写”の3D女子高生「Saya」、声を得て女子高の授業に登場 会話を通して「AIとは何か」教える” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年5月8日閲覧。
  11. ^ いまこそ、4Kテレビ! HiVi8月号はテレビ特集 - Stereo Sound ONLINE” (日本語). online.stereosound.co.jp. 2020年5月8日閲覧。
  12. ^ 完全に実写だこれ リアル過ぎる3DCG女子高生「Saya」の動く姿が8K画質で初披露!”. ねとらぼ (2016年10月4日). 2017年9月1日閲覧。
  13. ^ “まるで実写”3DCG女子高生「Saya」、見つめると恥じらう 表情認識AIで進化”. IT media (2018年3月9日). 2018年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]