SILKYPIX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SILKYPIX Developer Studio
開発元 市川ソフトラボラトリー
最新版 4.1.34.0 / 2010年5月6日
対応OS Windows, macOS
種別 画像処理
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/
テンプレートを表示

SILKYPIX(シルキーピックス)は、市川ソフトラボラトリーが開発・発売している、RAW画像現像処理ソフト及びそのシステムを使った製品のブランド名である。

概要[編集]

デジタルカメラメーカーの純正付属ソフトウェアではないため、汎用現像ソフトとして多くのRAW画像フォーマットに対応しているのが特徴で、最新機種への対応も随時行われている。他の現像ソフトと比較すると、レンズプロファイルを持っていないので、各レンズに合わせて手動でパラメータを調整する必要がある。そのため自動で一気に現像するよりは、一枚一枚じっくり仕上げていくのに適している。

バージョン3からは「SILKYPIX RAW Bridge」と呼ばれる機構を搭載、これによりJPEGTIFFの画像データを内部で拡張し、RAW現像と同等の感覚でレタッチを施すことが可能となっている。

一方でマシンに高負荷がかかる事でも知られ、「ドスパラ」を運営するサードウェーブからはSILKYPIX公認のハイスペックPCがリリースされているほどであったが、近年ではCPUの処理能力が上がったため、一般向けの機種でも快適に動作する。

販売形態としてはダウンロード販売のほか、パッケージ販売も行われている。また、以前は機能を限定した無料版も配布されていた。

開発にはパブリックベータ方式を取っており、プレビュー版を配布し、それを使用したユーザーが専用の掲示板でテスト状況の報告を受け、それを不具合修正や機能向上に反映させる方式をとっている。

また水中写真に特化した珍しいバージョンも通常版と平行販売している。

アップグレード開発・発売時期は常にMacintoshバージョンがWindowsバージョンの半年から1年後となる(基本は未定)

製品一覧[編集]

SILKYPIXシリーズ[編集]

SILKYPIX Developer Studio
SILKYPIXのフルシステム版。パナソニック製デジタルカメラにバンドルされ、同カメラ専用にしたSE版もある。
SILKYPIX Developer Studio Pro
SILKYPIX Developer Studioの上位バージョン。2008年10月21日にベータ版が公開された。処理の高速化やプリント・カラーマネジメントへの対応、マルチプレビュー表示などさまざまな機能強化がなされている。
RAW FILE CONVERTER powered by SILKYPIX
富士フイルム社製のデジタルカメラにバンドルされているもので、現像に必要な最低限の機能に制限したもの。
デジタルカメラの機種によっては EX や LE などが付く場合がある。
SILKYPIX JPEG Photography
SILKYPIX RAW Bridgeの機能をメインの機能に据え、JPEG画像の処理に特化したバージョン。
レタッチにSILKYPIXの技術が応用されており、差別化のため同社では「JPEG現像ソフト」と呼んでいる。
SILKYPIX Marine Photography Pro
水中写真の処理に特化したバージョン。水中での色かぶりを修正し、適切な色の再現を行う。
SILKYPIX RAW SDK
SILKYPIXのRAW現像エンジンを他の画像処理ソフトに組み込むための開発キット。
SILKYPIX 画像復活.com
メモリカード上に存在していた、消去してしまった画像を復元することができるWebサービス。

SILKYPIXのエンジンを組み込んだソフトウェア[編集]

SILKYPIXのエンジンを組み込んだ製品には、自社製品だけではなく、他のメーカーからも出されている。ただし、カメラメーカーは自社の現像アルゴリズムを市川ソフトラボラトリーに対して公開していないため、撮って出し画像やカメラ内現像とは同じにはならない。

外部リンク[編集]