PENTAGRAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PENTAGRAM
呼称 PGM
ゲーム
創設 2012年
所在地 日本
運営法人 y’s agency株式会社
パートナー
  • G-Tune
  • AKRacing
  • THE BAGMANIA
  • ヤマニ
  • ふじざくら命水
  • BATTERY
  • Twitch
ウェブサイト pentagram.tokyo

PENTAGRAM(ペンタグラム、略称:PGM)は、国内外のeスポーツシーンで活動する日本のプロゲーミングチーム[1]2012年に設立された「Rampage」を前身として、2018年1月にチーム名を「PENTAGRAM」に変更した。LJLで3連覇するなど[2]、日本のLeague of Legendsシーンで代表的なチームである。

概要[編集]

Rampageは、2012年9月にMizu Russian (Hiroki Nakamura) により、「myRevengeRampage」を前身に設立。初期のメンバーはyuansama、meromeron (Kiichi Watanabe)、ponichan、Harakiri Boy (Envy)、Aotaka (Takuya Fujita) など。 2014年1月に Ozone Gaming Gearがスポンサーになったことで、「Ozone Rampage」に名称を変更。2015年12月にOzoneとの契約終了に伴い、チーム名を「Rampage」に[3]

2018年1月、グッズ作成に伴う商標登録等の問題解決を図るために、チーム名を「PENTAGRAM」に変更することを発表した[4]。新たなチーム名「PENTAGRAM」は、以前の「RAMPAGE」の各文字がすべて含まれている。また同時にホームページの変更、LJL2018年ロースターの変更、新たなスポンサー契約の発表を行った。

在籍選手[編集]

2018年4月11日現在
League of Legends部門
プレイヤー名 名前 役割
日本の旗 Paz 佐々木四郎[5] トップ
大韓民国の旗 Once ジャン・セヨン ジャングル
日本の旗 Ramune 小澤統[6] ミッド
日本の旗 YutoriMoyasi 野口悠太[6] ADC
大韓民国の旗 Gaeng ヤン・グワンユ サポート

成績[編集]

  • 2012年
    • 第4回 振興大会 1位 
    • 新年トーナメント 1位
  • 2013年 [2]
    • LJC ROCCAT&MSI CUP 1位
    • JCG Premier League season4 2位
    • World Cyber Gaming Japanese Qualify Spot 1位
    • JCG Premier League Final 3位
  • 2014年 [2]
    • JCG Premier Winter Season1 2位
    • LJL Winter Season 2位
    • LJL Spring Season 3位
    • LJL Summer Season 3位
  • 2015年 [2]
    • LJL Season1 4位
    • JCG Premier League Spring Season 1位
    • LJL Season2 1位
    • LJL Grand Championship Final 2位
    • JCG Premier League Summer Season 1位
  • 2016年 [2]
    • LJL Spring Split Final 2位
    • StarLadder i-league INVITATIONAL 2位
    • LJL Summer Split 優勝
    • International Wildcard Qualifier (IWCQ) 2016 5位
    • 2016 IEM出場
  • 2017年 [2]
    • LJL 2017 Spring Split 優勝(2連覇)
    • LJL 2017 Summer Split 優勝(3連覇)

スポンサー・パートナー[編集]

  • スポンサー
    • G-Tune(株式会社マウスコンピューター
    • AKRACING(テックウインド株式会社)
    • THE BAGMANIA(株式会社ヤマニ)
    • 株式会社ヤマニ
    • ふじざくら命水(富士桜命水株式会社)
    • BATTERY(Sinebrychoff社)
  • パートナーシップ

チーム韓国人選手へのハラスメント問題[編集]

2017年12月7日、Rampage関係者である藤田拓也は、同チーム所属選手だったDaraに対して、強制的に在留カードの提出を求め、一時的にDaraを在留カードの携帯義務違反の状況にさせた[7]。また、同チーム所属選手のTussleに対しても、在留資格更新手続きの妨害(情報提供の協力の拒絶、虚偽の情報の付与)を行い、Tussleも在留カードの携帯義務違反の状況に陥った。このような状況下においてチーム関係者の中村洋樹は、Daraの新たな所属先に対して、在留カードがPENTAGRAMの所有物という主張を強弁し、藤田の行動を追認した。

これらの行動は、チームメンバーが不道徳等の慣習的な基準に反すると運営チームがみなす行為を禁じた、LJL公式ルール(第10.2.10条)に違反している。2018年2月5日、LJLは、PENTAGRAMに対して「LJL 2018 春スプリットWeek 1から5での各マッチにおいて各1ゲーム没収」、藤田・中村には「LJLおよびLJL CSへの出場停止(リーグ開催期間3ヶ月間)」というペナルティを科した。また、Dara、Tussleに対し、口頭での警告が行われた[7]

2月7日、PENTAGRAMはペナルティに対するお詫びを発表した[8]。発表された文書では、今回の件の原因が「お互いの齟齬がもたらしたもの」と述べられている。また、末文において「※上記内容につきましては、ライアットゲームズ様の許可を得てリリースさせて頂いております」と記述されているが、これに関してLJLは、PENTAGRAMから独自で説明を公表するための許可であり、PENTAGRAMの意向や主張が含まれていることを認めている[9]

5月3日、SCARZ Burning Coreに移籍し、選手兼コーチとして活動していたDaraは引退を表明。Daraはこの件を巡るPENTAGRAMの対応により、プレーがままならないほどの精神的苦痛を受け薬を服用していること、LJL1部に昇格したもののPENTAGRAM関係者と対面することになる事実に恐怖を感じ、引退を決意したと述べている[9][10]

LJLは2017年12月の問題発覚後、2018年2月まで処分発表が遅れた原因は、関係者への調査や法的判断の検証を行ったためとしている[9]。Daraの失望には深く共感しているものの、処分内容については客観的事実や法的判断に沿ったものであり、今後は再発防止に向けコンプライアンスの啓発をするとともに、選手への相談窓口を開設する予定であると発表した[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ lolrampage Rampage”. Rampage. 2018年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Rampage About”. Rampage. 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ Ozone Gaming Gearスポンサー契約終了”. Rampage (2015年12月16日). 2018年3月21日閲覧。
  4. ^ プロゲーミングチーム「Rampage」がチーム名を「PENTAGRAM」に変更”. 4Gamer.net (2018年1月12日). 2018年3月3日閲覧。
  5. ^ PAZ - DOT ESPORTS”. Dot Esports. 2018年4月11日閲覧。
  6. ^ a b LoL日本代表「僕らが活躍すれば」eスポーツの命運を握る若きチーム。”. Sports Graphic Number Web (2017年9月24日). 2018年4月11日閲覧。
  7. ^ a b LJL参加チームおよび関係者に対するペナルティについて”. League of Legends Japan League (2018年2月5日). 2018年3月3日閲覧。
  8. ^ LJL参加チームおよび関係者に対するペナルティーについてのお詫び”. PENTAGRAM (2018年2月7日). 2018年3月3日閲覧。
  9. ^ a b c d 「在留カード渡さないと帰さない」 日本eスポーツ史上に残る“最悪”の汚点、「League of Legends」国内リーグで何が起こったか”. ねとらぼ (2018年5月21日). 2018年5月22日閲覧。
  10. ^ “Dara選手、引退。” (日本語). Burning Core. (2018年5月3日). http://burning-core.com/news/981 2018年5月4日閲覧。 

外部リンク[編集]