OQS-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

OQS-4は、日本電気が開発したソナー

来歴[編集]

第2次防衛力整備計画以降の対潜護衛艦(DDK)多用途護衛艦(DDA)では、AN/SQS-2366式探信儀 OQS-3といった低周波ソナーが採用されてきた。これはアスロックの最大射程を発揮しうる探知距離を備えていたものの、特に日本近海では、海洋環境の事情から、実際にはそのような長距離探知は少なく、中距離(数千ヤード程度)での探知・攻撃が中心となっていた[1]

またこれらのソナーは、低周波ゆえに長距離探知を期待しうる一方で、その裏返しとして分解能が低く、探知が不安定なこともあり、ソナー探知距離内に存在する潜水艦を探知できないままに攻撃を受ける、「スリップ」と称される戦術現象の恐れが指摘されるようになっていた。このことから海上幕僚監部では、当初、昭和52年度計画の新型護衛艦(後のはつゆき型)の搭載ソナーとしては、アメリカ海軍オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートで採用された中周波数(7.5キロヘルツ級)のAN/SQS-56を候補としていた[1]

しかし当時、日本では画期的な低周波ソナーである75式探信儀 OQS-101の開発が完了したばかりであり、その搭載艦を2隻にとどめて海外製品の輸入に転じることは、防衛装備上問題があると考えられた。またOQS-101の開発を通じて確立・蓄積された国内技術を活用すれば、新型機導入に伴うリスクを低減し、新規開発によることなく生産可能と見積もられたことから、AN/SQS-56の輸入ではなくこちらが選択されることになった。これによって開発されたのがOQS-4である[1]

設計[編集]

本機の最大の特徴がデジタル化の導入で、OQS-101で一部に留められていたのに対して、大幅に拡大された。完全デジタル化されたOQS-102OQS-5ほどではなく、過渡期的なものであったが、主要構成部を半導体化することで小型軽量化が図られている。送受波器はOQS-101と同様のランジュバン型振動子だが、素子を独立型とすることで、素子故障時には当該素子のみを交換すれば済むようになり、整備性の向上も図られた(従来機では一体型であったため、ソナードーム全体を取り外す必要があった)[1]

一部デジタル化の恩恵として、信号処理技術の向上と処理信号量の増加がもたらされ、表示形式は、従来のPPI方式のほかAスコープやBスコープが追加されて、操作性・探知性の向上が図られた[1]。またあさぎり型最終艦(61DD)ではOYQ-101 対潜情報処理装置(ASWDS)と連接された[2]

なお本機は、AN/SQS-56とほぼ同性能を有するが、予算上の制約のために送受波器の素子配列数を減らした結果、ソナー・ビームの指向性が水平・垂直とも相対的に劣るという問題があった。このため、あさぎり型後期型の装備機では一部是正が図られた[1]

装備要領は、OQS-3やOQS-101が艦首装備式(バウ・ドーム)であったのに対し、OQS-4でははたかぜ型を除き艦底装備式(ハル・ドーム)となっている。ハル・ドームは、52DD搭載のOQS-4では従来通りの全鋼製とされたが、58DD搭載のOQS-4Aではラバー・ドーム化され、以後の護衛艦用ソナーではラバー・ドームが標準となった[1]

搭載艦[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み(第23回)DEの推進軸数 日米の相違,ポスト4次防の新装備(OQS-4ソナー,Mk46短魚雷),はつゆき型DD(その1)」『世界の艦船』第806号、海人社、2014年11月、 104-111頁、 NAID 40020216119
  2. ^ 山崎眞「わが国現有護衛艦のコンバット・システム (特集 現代軍艦のコンバット・システム)」『世界の艦船』第748号、海人社、2011年10月、 98-107頁、 NAID 40018965310