Microsoft Casual Games

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Microsoft Casual Games(マイクロソフトカジュアルゲームズ)は、マイクロソフトが提供しているコンピュータゲームパソコンゲーム)のシリーズ。その名の通りカジュアルゲームに特化したシリーズである。

概要[編集]

元々マイクロソフトでは、Windows 3.0にカードゲームの「ソリティア」(en:Microsoft Solitaire)を標準添付したのを皮切りに、 マインスイーパen:Microsoft Minesweeper)やフリーセルen:Microsoft FreeCell)といったゲーム類をWindowsのアクセサリの一つとして提供してきた。 2002年にマイクロソフトのゲームソフト制作部門が「Microsoft Game Studios」(現:en:Microsoft Studios)として分社化された後、 2005年頃からプレスリリース等で「Microsoft Casual Games」の表記が見られるようになる[1]。 「microsoftcasualgames.com」のドメイン名は2005年8月に取得されている[2]。 またWindows Vista用のゲームガイドにもこのシリーズ名が既に登場している[3]

本格的にシリーズ名として使用され始めたのは2012年8月にWindows 8が発売されてからで、 ゲームについて従来のOSへの添付を止めWindowsストア(現:Microsoftストア)からのダウンロード形式に変更されたことに伴い、内容が一新されたマインスイーパ・ソリティア等の統一ブランドとして本シリーズの名前が掲げられるようになった。なお同年にマイクロソフトでは、同じくアメリカのArkadium社と契約を結んでおり[4]、以後の本シリーズのゲームは同社との共同開発となっている。

2018年現在はWindows 8.1及びWindows 10Windows PhoneXbox Oneといった自社OS/ハード向けのゲーム供給がメインだが、 Microsoft Solitaire Collectionなど一部のソフトについてはAndroidiOS版も提供している[5]

コミュニティ機能が充実しているのも売りの一つで、特に「INNER CIRCLE」に参加すると、一般公開前のベータ版のゲームをプレイしたり、ゲームバランス調整への意見を出したりすることができる。

ゲーム一覧[編集]

  • Microsoft Solitaire Collection - Windows 7以前のソリティア(クロンダイク)やフリーセル等を統合したもの。
  • Microsoft Minesweeper
  • Microsoft Mahjong - ゲーム内容は麻雀ではなく「上海」のような牌合わせ。
  • Microsoft Jigsaw
  • Microsoft Sudoku(旧:Microsoft Number Puzzle)
  • Microsoft Ultimate Word Games
  • Microsoft Treasure Hunt
  • Microsoft Jackpot
  • Microsoft Bingo
  • Wordament

基本的にこれらのゲームはいずれもXbox Liveの実績機能に対応しているほか、通常のゲームプレイ以外に「デイリーチャレンジ」等の課題クリア型ゲームを用意している。 一方で有料アカウント制が導入されており、無料版では概ね15分に一回程度、30秒程度の動画広告が流れる[6]。 また「デイリーチャレンジ」等一部の機能はオフラインでは利用できない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]