Mafia: The City of Lost Heaven

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Mafia: The City of Lost Heaven』(通称:マフィア)は、チェコ共和国のゲーム製作会社イリュージョン・ソフトワークス英語版が開発し、Gathering of Developers英語版より発売されたコンピュータゲーム。2002年8月27日にMicrosoft Windows版、2004年にプレイステーション2Xboxが発売された。日本語版はPC版がズーより2003年2月14日に発売された[1]

概要[編集]

1930年代アメリカ禁酒法時代を背景に、タクシー運転手であった主人公トミーがマフィア組織の中で成り上がっていくストーリーである。1930年代のシカゴの街をイメージした架空の都市ロストヘブンとしてひとつの都市がリアルに再現されており面積は12マイルある[2]。重厚なストーリーなどで評価は高い。反面、戦闘の難易度が高い、クイックセーブができない(場面ごとのセーブのみ)、バグが多いなど、システム面の欠陥に対する批判も少なくない。

比較的同類のゲームグランド・セフト・オートシリーズとよく引き合いに出される作品であるが、キャラクターや車両の挙動、車、武器などのモデリングが30年代当時を忠実に再現しているため、それと比べてかなり渋い設定となっている。また、武器を携帯して街中を歩いたり、スピード違反や信号無視など交通法規を無視した走行を行っている状態で警察官に発見されると追跡・逮捕される場合があるため、気軽に違法行為をすることができない(ただし、軽度の違反なら罰金を払えば逮捕はされないほか、警察官全員に連絡がなされるまでにその警察官を殺害することで追跡を回避することはできる)。

サウンドトラック[編集]

BGMはスウィングジャズブルースなどで、当時の雰囲気を醸し出すような楽曲が数多く用いられている。演奏はジャンゴ・ラインハルトロニー・ジョンソンミルス・ブラザーズなど実在したミュージシャンによるものである。

登場人物[編集]

サリエリ・ファミリー[編集]

トーマス・"トミー"・アンジェロ(Thomas "Tommy" Angelo)
声 - Michael Sorvino
このゲームの主人公。イタリア系。トムとも呼ばれることもある。元は平凡なタクシー運転手だったが、マフィア同士の抗争に巻き込まれ、暗黒街に足を踏み入れる。
任務を着々とこなしドンの信頼を勝ち取って出世していく一方、権力や地位を手に入れることの儚さや友情や人生の意味について思い悩む。しかし、本人は「過去のことをグチグチと考えるタイプではない。」と語り、殺人などの犯罪行為に手を染めていったことにはそこまでの罪悪感はないようである。また、本質的には誰にでも優しく、危険な立場になった人物を自分の危険を顧みずに逃がす手伝いをすることもある。
続編「Mafia 2」のムービーシーンにも登場する。
ドン・エンニオ・サリエリ(Don Ennio Salieri)
声 - ジョージ・ディセンゾ
サリエリ・ファミリーのボス。シチリアの出身で、人情深く、ファミリーの皆から尊敬されている。しかし、裏切り者には容赦せず、欲しいものはどのような手段を用いても手に入れる冷酷かつ強欲な一面もある。街での勢力拡大のための任務をトミーに与える。
自身のバー「Salieri's Bar」を経営しており、ここに自身のファミリーの事務所がある。自分では「グルメではない」と否定しているが、料理や酒の味にはなかなかうるさいらしく、同じシチリア出身のペペというシェフのレストランで食事するのが何よりも楽しみであるようだ。
ポーリー(Paulie)
声 - ウィリアム・デメオ
トミーの親友であり仕事仲間である。サリエリ・ファミリーの構成員。トミーをマフィアの世界に引き込んだ人物の一人でもある。キレやすい性格で、とんでもないことをやらかすこともしばしば。3人の中でもっとも小柄。
サム(Sam)
声 - マット・サービット
トミーの親友であり仕事仲間である。サリエリ・ファミリーの幹部(カポ)。ポーリーの相棒で、3人揃って仕事をすることが多い。がっしりとした男だが無口。ファミリーへの忠誠は人一倍高い。トミーをマフィアの世界に引き込んだ人物の一人でもある。
フランク・コルッティ(Frank Colletti)
声 - ダン・グリマルディ
サリエリ・ファミリーの顧問(コンシリエーリ)を務める物静かな紳士。主にファミリーの財政面とビジネスの法律面に関与する。サリエリの幼馴染であり親友。妻と娘がいる。マフィアのコンシリエーリではあるが、流血沙汰は好きではない。
ヴィンチェンツォ(Vincenzo)
声 - ジョン・トーメイ
サリエリ・ファミリーの武器を管理する。サリエリの幼馴染で、シチリアの出身。ミッション開始時に訪れると、トミーに武器一式を貸し出してくれる。また、甥がいる。
ラルフ(Ralph)
声 - ジェフ・ガーナー
サリエリ・ファミリーの車を管理する。吃音症。車の扱いにかけては天才的だが、他の事はまるで知らず満足に話すこともできない。車に関する話をする際は快活に話す。
トミーに車の窃盗技術を教えてくれるほか、その見本とした車をミッションのために貸してくれる。彼の友人として、ルーカス・バートーネがいる。
ルイージ(Luigi)
声 - ポール・スカナピエコ
サリエリのバーの料理長を務める。サラの父。
サリエリも認める良い味の料理を作るが、サリエリは先述のペペの料理のほうが美味いと評価しており、ペペと比べればまだまだのようだ。
サラ(Sarah)
声 - カーラ・ブオノ
ルイージの娘。よくバーを手伝いに来ていたが、その帰宅途中で暴漢に襲われかけ、トミーに救われる。

モレロ・ファミリー[編集]

ドン・モレロ(Don Morello)
声 - ジョン・ドーマン
モレロ・ファミリーのボス。サリエリとは対照的に、人々を暴力と恐怖によって服従させ、暴力的な手法で街での勢力拡大を狙い、サリエリ・ファミリーに敵対する。サリエリとは深い因縁がある。白いスーツを愛用している。
セルジオ・モレロ(Sergio Morello)
声 - Renaud Sebbane
モレロの弟。港湾労働組合を支配している。兄の右腕となってサリエリ・ファミリーと敵対する。やたらに悪運が強い。

その他[編集]

ルーカス・バートーネ(Lucas Bertone)
声 - ジェフ・ガーナー
車の整備工場を営むイタリア系の男。ラルフの友人。トミーに色々な依頼を持ちかけ、その見返りに高級車の窃盗技術を教えてくれる。
イエロー・ピート("Yellow" Pete)
声 - レイ・デマティス
映画館「ツイスター」の裏にある銃砲店の主人。街でいちばん歯が黄色く息が臭いために「イエロー」と呼ばれている。片腕を失っている。
ノーマン(Norman)
声 - デイヴィッド・オブライエン
ロストヘブン市警の刑事。職務と法と市民社会に忠実で、マフィアのような人種を毛嫌いしている。本編のストーリーは、トミーが自らの回想をノーマンに語っていく形式で進行する。

続編[編集]

Mafia 2[編集]

続編である『Mafia 2』が2010年8月24日(北米時間)に発売された。PCXbox 360プレイステーション3に対応。舞台は1945年1951年ニューヨークサンフランシスコをモデルとした架空の都市であるエンパイア・ベイ。主人公がマフィアになるまでの過程が描かれている。

マフィア III[編集]

シリーズ第3弾の『マフィア III』が2016年11月28日に発売された。PlayStation 4Xbox One、PCに対応。舞台は1968年ニューオリンズをモデルにした架空の街のニューボルドー。主人公がマフィアに復讐する物語が描かれている。

リメイク[編集]

2020年9月に本作をフルリメイクした『マフィア コンプリート・エディション』がPlayStation 4Xbox Onesteamで発売された。同時に『Mafia 2』『マフィア III』を加えたシリーズ3作セット『マフィア トリロジーパック』も発売となっている。

参照[編集]

  1. ^ マフィア-4gamer.netより。
  2. ^ 西尾ゆきの海外ゲームレポート

外部リンク[編集]