K.P.シャルマ・オリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
K.P.シャルマ・オリ
के.पी.शर्मा ओली
खड्गप्रसाद ओली
KP Oli.jpg
カドガ・プラサード・シャルマ・オリ
生年月日 (1952-02-22) 1952年2月22日(70歳)
出生地 Flag of Nepal (1775–1962).svg ネパール王国テラトゥム郡
所属政党 統一共産党
宗教 ヒンドゥー教
公式サイト K.P. Sharma Oli - Personal Site

在任期間 2015年10月12日 - 2016年8月4日
元首 ラーム・バラン・ヤーダブ
ビドヤ・デビ・バンダリ
在任期間 2018年2月15日 - 2021年7月13日
元首 ビドヤ・デビ・バンダリ
テンプレートを表示

カドガ・プラサード・シャルマ・オリネパール語: खड्गप्रसाद शर्मा ओली, ラテン文字転写: Khadga Prasad Sharma Oli)は、ネパールの政治家。同国首相を務めたほか、ネパール共産党統一マルクス・レーニン主義派(統一共産党)の常任委員であり、副首相外相などを歴任した。元親国王派、反マオイストとも言われ、ジャラ・ナート・カナールと激しく対立している。

経歴[編集]

もと、1970年代のジャパ郡英語版武装蜂起の参加者の一員。その後、チャンドラ・プラカシュ・マイナリらとネパール共産党マルクス・レーニン主義派を結成し、さらに1991年、統一共産党の結成に参加する。

2009年2月の統一共産党第8回大会で議長選に立候補したが、カナールに敗れた。2014年に統一共産党議長に就任。2015年10月11日制憲議会における首相選挙で前職のスシル・コイララを破り、翌12日首相に就任した。

2016年7月24日、オリは議会で首相不信任決議案が採択される前に辞任する意向を表明した[1]。統一共産党党首として臨んだ2017年ネパール総選挙英語版では第1党へと導き、2018年2月15日に2度目の首相へ就任した[2]

2020年12月20日にはビドヤ・デビ・バンダリ大統領に進言し下院の解散を行ったが、翌2021年2月23日に最高裁判所により越権行為と判断され、解散は無効となった [3]。5月10日、下院議会は首相信任投票を賛成93、反対124票で否決し、不信任となった[4]。しかし野党が期限である13日午後9時までに議会過半数を占める連立政権を樹立できなかったため、バンダリ大統領より首相に再任された[5]。しかし20日、最高裁判所が非国会議員を大臣へ任命することは違憲との判断を下したため7人が閣僚を解任されることとなり[6]、さらに内務大臣のバーダルが同日に執行された国会議員補欠選挙で落選[7](投票3日前からは特定候補への投票を促すことを禁じられる『沈黙の期間』となるにも関わらず、オリがバーダルに対する投票を呼びかけたため批判を浴びた[8])。このためバンダリ大統領はオリの進言を受け、22日に議会を解散し、11月に総選挙が実施されることとなった[9]。しかしネパール会議派などからシェール・バハドゥル・デウバ前首相を首相に就任させるよう請願が出され、最高裁は7月12日に5月22日の下院解散を無効としたほか、オリ政権存続も認めず、バンダリ大統領に対し2日以内にデウバを首相に就任させるよう命じた[10]。7月13日にデウバが後継の首相に任命されオリ政権は終焉[11]

脚注[編集]

  1. ^ “ネパール首相が辞任=大震災復興に影響も”. 時事通信. (2016年7月25日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072500001&g=int 2016年8月5日閲覧。 
  2. ^ “ネパール新首相にオリ氏=親中派政権誕生へ”. 時事ドットコム. 時事通信. (2018年2月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021500977&g=int 2018年2月15日閲覧。 
  3. ^ “Nepal’s Supreme Court Rules Dissolved Parliament Must Be Reinstated”. ニューヨーク・タイムズ. (2021年2月23日). https://www.nytimes.com/2021/02/23/world/asia/nepal-parliament-dissolved.html 2021年2月24日閲覧。 
  4. ^ “Nepal PM loses confidence vote amid surging pandemic”. ロイター. (2021年5月10日). https://www.reuters.com/world/india/nepal-pm-oli-loses-confidence-vote-parliament-speaker-2021-05-10/ 2021年5月11日閲覧。 
  5. ^ “KP Sharma Oli re-appointed as Nepal PM after opposition parties fail to form coalition government”. Jagran Josh. (2021年5月14日). https://www.jagranjosh.com/current-affairs/kp-sharma-oli-reappointed-as-nepal-pm-after-opposition-parties-fail-to-form-coalition-government-1620973125-1 2021年5月14日閲覧。 
  6. ^ “SC scraps appointment of non-MP ministers, seven including Home Min Thapa relieved”. ヒマラヤンタイムス. (2021年5月20日). https://thehimalayantimes.com/kathmandu/sc-scraps-appointment-of-non-mp-ministers-seven-including-home-min-thapa-relieved 2021年5月25日閲覧。 
  7. ^ “Khim Lal Devkota defeats Ram Bahadur Thapa in National Assembly election”. The Kathmandu Post. (2021年5月20日). https://kathmandupost.com/politics/2021/05/20/khim-lal-devkota-defeats-ram-bahadur-thapa-in-national-assembly-election 2021年5月25日閲覧。 
  8. ^ “Nepal PM faces flak for violating election code of conduct”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. (2021年5月20日). https://timesofindia.indiatimes.com/world/south-asia/nepal-pm-faces-flak-for-violating-election-code-of-conduct/articleshow/82793237.cms 2021年5月25日閲覧。 
  9. ^ “Nepal's president dissolves parliament, calls for new elections”. UPI通信社. (2021年5月22日). https://www.upi.com/Top_News/World-News/2021/05/22/Nepal-parliament-dissolved/9471621714879/ 2021年5月25日閲覧。 
  10. ^ “In a blow for K P Oli, Nepal SC asks President to appoint Congress leader Sher Bahadur Deuba as PM”. The Indian Express. (2021年7月12日). https://indianexpress.com/article/world/nepal-sc-kp-oli-new-prime-miniter-sher-bahadur-deuba-7400766/ 2021年7月12日閲覧。 
  11. ^ “Sher Bahadur Deuba becomes Nepal’s Prime Minister for 5th time”. The Indian Express. (2021年7月13日). https://indianexpress.com/article/world/sher-bahadur-deuba-becomes-nepals-prime-minister-for-5th-time-7402595/ 2021年7月14日閲覧。