スシル・コイララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スシル・コイララ
सुशील कोइराला
Sushil Koirala.jpg
スシル・コイララ
生年月日 1939年8月12日
出生地 ビラートナガル
没年月日 (2016-02-09) 2016年2月9日(76歳没)
死没地 カトマンズ
所属政党 ネパール会議派

ネパールの旗 ネパール連邦民主共和国第6代首相
在任期間 2014年2月11日 - 2015年10月10日
大統領 ラーム・バラン・ヤーダブ
テンプレートを表示

スシル・コイララネパール語: सुशील कोइराला、Sushil Koirala、1939年8月12日 - 2016年2月9日)は、ネパール政治家。2014年から2015年まで、ネパールの首相を務めた。また、2010年から2016年に重い肺炎で亡くなるまでの間、ネパール会議派の総裁も務めた。

コイララは2014年2月9日に議会によりネパールの首相に選ばれた[1]。また、1952年に議会に加わり、様々な役職を経て2010年に総裁となった[2]

生い立ち[編集]

コイララは、Prasad KoiralaとKuminidi Koiralaの間に、ネパールで2番目に大きなビラートナガルの街で生まれた[2]。コイララは妻を持たず、簡素な生活を送ったことで知られた[3]。政治家一族であるコイララ家の一員として、いずれも元首相のマートリカ・プラサード・コイララギリジャー・プラサード・コイララビシュエシュワル・プラサード・コイララは従兄に当たる[4]

ヘビースモーカーであり、2006年に舌癌、2014年6月に肺癌を患った[5]。そして2016年2月10日12時50分にカトマンズで肺炎のため76歳で死去した[6]。彼の義妹によると、コイララはインドで正式に大学教育を受けたと言うことだが、彼自身は常に自身は非公式な教育しか受けていないと述べていた。

政治家として[編集]

コイララは、ネパール会議派の社会民主主義的な考え方に共鳴して、1954年に政治の道に入ったが、1960年に政権が変わって以来、16年間インドに政治亡命した。また、1973年にはハイジャック事件に加わったとして3年間インドの刑務所に収監された[7]。亡命中、彼は党の公式機関紙であるTarunの編集を務めた。彼は1979年から党の中央労働委員会のメンバーとなり、1996年に事務局長、1998年に副総裁に指名された[2]

2001年、彼はシェール・バハドゥル・デウバに総裁選で敗れ、2008年にはギリジャー・プラサード・コイララにより総裁代理に指名された。2010年9月22日のネパール会議派の第12回党大会で、彼は総裁に選出された[7]

2013年のネパール制憲議会選挙で、ネパール会議派は第一党となった。彼は議長選挙で194票中105票を集めて前首相のデウバを破り、2014年2月10日に首相に指名された[8][9]。彼の首相在任期間中、政府は2015年ネパール地震への対応の遅れを批判された[10]。この年に歴史的な4大政党の合意も成立し、それは新憲法制定に道を開くものとなった[11]。新憲法発効に伴い、コイララは2015年10月10日に首相を辞任した[12]。彼は再選を目指したが、かつての連立相手であったネパール共産党統一マルクス・レーニン主義派K.P.シャルマ・オリに敗れた[13]

出典[編集]

  1. ^ “Koirala elected new PM”. The Kathmandu Post. http://ekantipur.com/2014/02/10/top-story/koirala-elected-new-pm/385172.html 2016年2月10日閲覧。 
  2. ^ a b c Personal Resume”. Nepali Congress. 2012年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月10日閲覧。
  3. ^ “Sushil shifts to GPK’s apartment”. The Kathmandu Post. オリジナル2015年7月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150722140241/http://www.ekantipur.com/2010/04/06/capital/sushil-shifts-to-gpks-apartment/311853.html 2016年2月10日閲覧。 
  4. ^ Parashar, Utpal (2016年2月9日). “Nepali Congress looks at future without a Koirala at its helm”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/analysis/nepali-congress-looks-at-future-without-a-koirala-at-its-helm/story-n2uXKRofDi6fHDmN0hKnKN.html 2016年2月10日閲覧。 
  5. ^ “Nepal PM Sushil Koirala has lung cancer”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-28038866 2016年2月10日閲覧。 
  6. ^ Ex-PM Sushil Koirala passes away”. 2016年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月10日閲覧。
  7. ^ a b Bhattarai, Kamal Dev (2016年2月10日). “ADIOS SUSHIL DA (1939-2016)”. The Kathmandu Post. http://kathmandupost.ekantipur.com/news/2016-02-10/adios-sushil-da-1939-2016.html 2016年2月10日閲覧。 
  8. ^ “Koirala elected as NC PP leader”. My Republica. http://www.myrepublica.com/portal/index.php?action=news_details&news_id=68598 2014年1月26日閲覧。 
  9. ^ Ghimire, Binod (2014年1月3日). “For PMship, Koirala to be PP leader first”. The Kathmandu Post. http://www.ekantipur.com/2014/01/03/top-story/for-pmship-koirala-to-be-pp-leader-first/383325.html 2014年1月7日閲覧。 
  10. ^ Subramanian, Samanth (2015年4月30日). “Anger rises in Nepal over government’s response to earthquake”. The National. http://www.thenational.ae/world/south-asia/anger-rises-in-nepal-over-governments-response-to-earthquake 2016年2月10日閲覧。 
  11. ^ Jha, Prashant (2016年2月9日). “Why Sushil Koirala leaves a contested legacy in Nepal”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/analysis/why-sushil-koirala-leaves-a-contested-legacy-in-nepal/story-vCtuo5VgrPapSCOcuIq3YM.html 2016年2月10日閲覧。 
  12. ^ “Nepal's Koirala resigns as PM and seeks re-election”. http://www.aljazeera.com/news/2015/10/nepal-pm-koirala-resigns-pm-seeks-election-151010160207623.html 2016年2月10日閲覧。 
  13. ^ “Communist party leader elected as Nepal's new prime minister”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2015/oct/11/nepal-communist-party-leader-elected-new-prime-minister-khadga-prasad-oli 2016年2月10日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
キル・ラージ・レグミ
ネパールの旗 ネパール首相
第6代: 2014年 - 2015年
次代:
K.P.シャルマ・オリ