キル・ラージ・レグミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キル・ラージ・レグミ

キル・ラージ・レグミネパール語:खिलराज रेग्मी, Khil Raj Regmi, 1949年5月31日 - )は、ネパール最高裁判所の長官。選挙管理内閣の議長でもあり、事実上の首相(2013年3月14日 - 2014年2月10日)でもあった[1][2]

パルパ郡の生まれ。トリブバン大学卒。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]