JOSM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JOSM
Logo
JOSM Editor version 9329 screenshot (Japanese).png
JOSM エディタ
作者 JOSM developers, Dirk Stöckerにより維持管理
最新版 9900 / 2016年2月28日(5か月前) (2016-02-28
プログラミング言語 Java
プラットフォーム GNU/LinuxMac OS XWindowsJavaプラットフォーム バージョン7)
対応言語 32言語
種別 地理情報システム
ライセンス GNU General Public License
公式サイト josm.openstreetmap.de
テンプレートを表示

JOSM(正式名称:Java OpenStreetMap Editor)はOpenStreetMapのデータ編集用エディタである。

概要[編集]

JOSMの使用には、Java実行環境がインストールされている必要があるが、OSの環境を選ばないメリットがある。使用時は事前にキャッシュとしてOSMサーバからデータをダウンロード、事後に編集したデータをアップロードするため、オフライン環境での編集が可能。プラグインやタグのプリセットを拡張できるなど、多機能な反面、熟達した編集者向けである。

OpenStreetMapのデータベースへの編集の大半はJOSMを使って貢献している[1]。2002後半にImmanuel Scholzにより開発され、 2012年の時点で、プロジェクトはDirk Stöckerにより維持されている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Editor usage stats”. OpenStreetMap Wiki. 2012年7月31日閲覧。