ID野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ID野球(アイディーやきゅう)とは、野村克也ヤクルトスワローズの監督であった時に提唱した野球理論。

概要[編集]

IDとはImport dataの略である。しばしば誤って「IDとはimportant dataの略である」とされるが、野村本人が「正確にはimport dataであり、important dataではない」と断言している[1]

監督チームを作り上げていく場合や選手がプレイする場合に、経験や勘に頼ることなく、データを駆使して科学的に進めていくという手段である。その下地には、南海ホークス時代の同僚だったドン・ブレイザーの教え「シンキング・ベースボール」があった。

ヤクルトの捕手であった古田敦也は、頭脳を駆使した緻密な計算を元とした野球を野村から徹底的に叩き込まれており、「ID野球の申し子」と評されていた(古田敦也#トヨタ自動車に入社も参照)。選手兼任監督就任後もデータを駆使した采配を行うこともあった。

ID野球が野村に提唱されてから長年経っているものの、その後に行われている野球でも用いられており、一例を挙げると吉田裕太は野村監督の孫弟子としてID野球で正捕手を目指すとされていたり[2]原辰徳読売ジャイアンツの監督として不調であった時には、ID野球を元としてチームを立て直しているなどとされていた[3]

なお、野村はヤクルト監督退任直後の1999年阪神タイガースの監督に就任しているが、阪神では「ID野球」のコピーを使わずに、「野村TOP野球」(Total・Object lesson・Process)をスローガンとした。

脚注[編集]

  1. ^ 野村克也『私の教え子ベストナイン』195頁
  2. ^ 塚沢健太郎 (2013年10月26日). “ノムさん“孫弟子”!ロッテD2吉田、ID野球で正捕手目指す”. サンケイスポーツ. 2013年10月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年11月13日閲覧。
  3. ^ 菅谷齊 (2011年11月7日). “巨人フロント奇策、原監督は真っ青? ついに天敵「野村ID野球」を取り入れた”. J-CASTニュース. 2019年11月13日閲覧。

参考文献[編集]