Gilles de Rais

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Gilles de Rais
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1989年 - 1995年
レーベル MOON DROPS
エクスタシーレコード
ポニーキャニオン
HAUNTED HOUSE
メンバー JOE (Vocal)
JACK (Guitar)
DEE (Bass)
SINN (Drums)

Gilles de Rais(ジルドレイ)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド。 1989年結成。1993年6月18日にアルバム『Gilles de Rais』をポニーキャニオンよりリリースしメジャーデビュー。1995年6月解散。

メンバー[編集]

  • JOE (Vocal)
解散後、AIONのDEANとJESUS BELIEVE MEを結成、再びメジャーのフィールドに復帰。その後、関西ハードコアのバンドR.O.Mに加入し活動していた。かつては、Eins:VierのHirofumi(Vo)、COLORのMARRY(Ba)、DECAMERONのTAKE(Dr)とFIRST BLOODというバンドを組んでいたことがある。プロレス団体・DRAGON GATE所属 CIMAの入場曲を楽曲提供し、歌唱も担当。最新音源は2010年録音。レコーディングメンバーは、JACK(Guitar)、YO-HEI(Guitar)、HIKARU KISHINE(Bass)、 SAKURA(Drums)、板谷祐(Chorus)の布陣。
  • JACK (Guitar)
在籍時、UKプロジェクト内のザズルレコードよりソロアルバム『DIVERT』(1992年10月10日 UKZZ-1040)を発表。現在はAshRosesにて活動中。ジル・ド・レイ以前はJOEのバンドCRY-MAXにヘルプ参加し、ナイトギャラリーレーベルより4曲入りマキシシングルレコード『Cry-Max』(1987年 Night Gallery 0014)をリリースした。自身のバンドChristianDollの2期でもヴォーカルにJOEを迎えて活動していた。
  • DEE (Bass)
ジルドレイ解散後はJACKと共にACID BELLを結成、エクスタシーレコードよりアルバム『SPEAK? 』(1996年10月21日 EXC-019)を発表した。その後、ハイブリッドバズというバンドで活動するが現在は引退。2010年にキックボクサーとしてデビューした。
  • SINN (Drums)
RAMARへ参加、現在引退。JACKの新バンドAshRosesのレコーディングに数曲とライブにサポート参加。

概要[編集]

  • 2ndアルバム『殺意』は、YOSHIKI率いるエクスタシーレコードからリリースされ、1992年度オリコン年間インディーズアルバムチャート1位に輝き、2万枚以上のセールスを記録した。
  • 2ndアルバム『殺意』発表当時、目黒鹿鳴館の3DAYSや、新宿にあった日清パワーステーションでのワンマンなどを成功させている。パワーステーション2度目のラストインディーズギグのチケットは20分で完売した。
  • 3rdアルバム『BECAUSE』もオリコンインディーズチャート1位を記録。
  • インディーズ時代は、ヴィジュアル系という言葉がまだなかった頃からお互い活動していたデビュー前のLUNA SEAと対バンすることも多かった。また、L'Arc〜en〜Cielはライブハウス時代から渋谷公会堂のイベントなどに至るまで何度も前座を務め、2ndアルバム『殺意』のゲストコーラスにインディーズ時代のhydetetsuyaが参加している。
  • 2016.7.15に行われたHAUNTED HOUSE Vol.5にGuのJACKがJACKセッションとして参加。VoのJOEも参加で久々のGilles de Raisの曲を演奏する。
  • 2017.2.12 渋谷VUENOSにて行われたHAUNTED HOUSE Vol.7にてJOE&JACKがGilles de Rais projectとしてサポートメンバーー迎え参加して大いに盛り上がる。サポートメンバーはVoにZ(SHAPE SHIFTER)、Hitomi(ex.Moran)、Ba.HOLY、Dr.HAYATO(Moi dix Mois)、そしてゲストベースとしてアンコールでDEAN(AION)も参加。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

ポニーキャニオン

  • シオンの花が咲く丘で (1995年6月1日 初回仕様:PCDA-00735 通常版:PCDA-00736)
タイトル曲のPVが収録されたVHSテープ付きのものが初回盤としてリリース。
  • BECAUSE (1992年10月)
1度目のパワーステーションライブで配布された限定シングル。アルバム収録よりも先に録音された別バージョン。カップリングはFollow Meのロングバージョンで殺意収録のものとは異なり、前半はバラードになっており、エンディングはJackのロングギターソロにピアノが被さっていく。

アルバム[編集]

MOON DROPS

  • DAMNED PICTURES (1990年10月25日 MD-001)
初回盤はピクチャーディスク。『殺意』リリース時にリマスタリングをほどこしたという情報があるが、音は初回盤から同じもので、ジャケットだけは変わっているがリリース元も同じ。

EXTASY RECORDS

  • 殺意 (1992年1月21日 EXC-007)
収録曲「SUICIDE」「殺意」に、インディーズ時代のL'Arc〜en〜Cielのメンバーであるボーカルhydeベースtetsuyaコーラスに参加している。ジャケットを楠本まきが手掛けたという噂があるがこれは間違い(実際にはMICHIKO KAWATAと表記されている)。オリコン年間インディーズアルバムチャート1位。
  • BECAUSE (1993年1月21日 EXC-010)
新曲を含め、殺意レコーディング時の未発表曲や結成当初のデモ音源、新アレンジ曲などが収録されているアルバム。2枚連続オリコンインディーズアルバムチャート1位を記録。

ポニーキャニオン

  • Gilles de Rais (1993年6月18日 PCCA-00460) メジャーデビューアルバム
このアルバムと次作には、アメリカの有名エンジニアJoe Barresi[1]を迎えて製作されている。1ヶ月超に渡るLAレコーディングを行っている。
  • JAPAN (1993年11月3日 PCCA-00490) ミニアルバム
Joe Barresiを日本に迎え製作された。
  • Crack A Boy (1994年10月21日 PCCA-00645)
ラストアルバム。

HAUNTED HOUSE

  • UNFORTUNE (2017年2月12日 HH-003)

結成初期に4tr RECされたUNFORTUNE、D.N.Aの他LIVEのみで演奏されていた未発表曲を含む全15曲

ビデオ[編集]

  • Not For Sale (1990年)
全国4ヶ所で開催されたビデオプレゼントギグで配布された。1曲目はその後『BECAUSE』に収められる「PLESURE SONG」。2曲目は『殺意』収録のものとは異なる「UP TO DATE」。
  • エクスタシーサミット 無敵ビデオ (1991年,1992年)
YOSHIKI主催のエクスタシーレコードによるイベント(エクスタシーサミット)が開催され、1991年はJOEとJACKが日本武道館イベント最後のセッションにギターとボーカルで参加。同イベントが1992年には大阪城ホール日本武道館で開催され、その両方にバンドで参加し「殺意」や「Because」など4曲ずつ演奏した。無敵IIには、その中から武道館での「殺意」が収録されている。この年は1月に2ndアルバム『殺意』を発表後、「理由なき反抗ツアー」と題して全国を3回に渡ってツアーしており、その勢いに乗りまくった頃の彼らが見られる。
  • その他にもロッキンF、宝島、ビクターなどが主催のオムニバスビデオに、インディーズ時代の映像が数曲ずつ収められている。

オムニバス・アルバム[編集]

  • THE END OF THE CENTURY ROCKERS EMERGENCY EXPRESS Ⅱ (1990年 CRCR-6010)
中近東の雰囲気が漂う未発表曲「SANDY」が収録された。その後、ミニアルバム『JAPAN』に収録された「SANDY II」とは異なる曲。このアルバムには他に東京ヤンキースEins:Vierなども収録されている。
  • JACK (Guitar)が発表したソロアルバム『DIVERT』、の製作元であるUKプロジェクトから発売されたオムニバスアルバムにも偽名で1曲カバー曲をレコーディングしている。ビートルズの「ヘルタースケルター」をカヴァーし、他にもゲストギタリスト2人を招いてのギターバトルを聴くことができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tool,Isis,L7などのエンジニアリングの他、日本人アーティストでは吉井和哉のエンジニアリングで有名。

外部リンク[編集]