FUSE OF LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
FUSE OF LOVE
倉木麻衣スタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年 - 2005年
ジャンル J-POP
時間
レーベル GIZA studio
プロデュース 倉木麻衣 KANONJI
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
    登場回数13回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 倉木麻衣 年表
    Wish You The Best
    2004年
    FUSE OF LOVE
    2005年
    DIAMOND WAVE
    2006年
    『FUSE OF LOVE』収録のシングル
    1. 明日へ架ける橋
      リリース: 2004年5月19日
    2. Love,needing
      リリース: 2005年1月26日
    3. ダンシング
      リリース: 2005年3月23日
    4. P.S♡MY SUNSHINE
      リリース: 2005年6月1日
    5. chance for you〜cinema ver.〜
      リリース: 2010年6月16日
    テンプレートを表示

    FUSE OF LOVE』(フューズ・オブ・ラヴ)は、倉木麻衣の5作目のオリジナルアルバム

    概要[編集]

    倉木本人は「FUSE OF LOVE」の意味を「愛の導火線」と語っている。これまでたくさんの人から愛を受けながら進んできた音楽活動を振り返ると同時に、今度は自分から音楽を通じて渡したいという思いから、このタイトルが付けたとの事(元々は「FUSE」というタイトルになる予定であったが、後に正式変更された)。 このタイトルはアルバム発売後すぐにスタートしたライブツアーのタイトルにも使用されている。 これまではR&Bを基軸とした、アメリカンポップスの要素が強い音楽性のアルバムを発表してきた倉木だったが、今作ではセルフプロデュースを担当。結果、J-POP色が色濃く出るアルバムとなった。

    初めて本格的にダウンロード販売された作品である。iTunes Storeでは特集ページも設置されていた。

    収録曲[編集]

    全作詞:倉木麻衣

    1. Honey, feeling for me – 4:06
      遠距離恋愛中の二人が、久々に会う心境を歌った曲。
    2. P.S♡MY SUNSHINE – 3:48
      21stシングル。フジテレビめざましどようび』テーマソング(2005年4月〜2005年6月)
    3. You look at me〜one – 3:58
      20thシングル「ダンシング」のカップリング曲。「スポーツうるぐす」4月〜6月度テーマソング。
    4. 駆け抜ける稲妻 – 4:59
      • 作曲・編曲:大賀好修
      曲中、実際に稲妻のようなSEが入れられている。
    5. Don't leave me alone – 4:53
      • 作曲・編曲:大賀好修
      アルバムタイトルの意味である「愛の導火線」にちなんだ言葉が登場する作品。
    6. Love,needing – 3:17
      19thシングル。初のセルフプロデュース作品。
    7. ダンシング – 3:47
      20thシングル。Jリーグ徳島ヴォルティス公式テーマ曲。「いろメロ呼び出し中の音」CMソング
    8. Tell me what – 3:49
      • 作曲:大野愛果 編曲:岡本仁志
    9. LOVE SICK – 4:06
      • 作曲:大野愛果 編曲:大賀好修
    10. 明日へ架ける橋 – 3:59
      • 作曲:徳永暁人 編曲:池田大介・徳永暁人
      18thシングル。NHK夜の連続ドラマドリーム〜90日で1億円〜』・『もっと恋セヨ乙女』・『火消し屋小町』主題歌。
    11. I sing a song for you – 3:51
      • 作曲・ピアノアレンジ:大野愛果
      ピアノとボーカルだけで構成されるバラード。アルバムのみの収録曲の中で唯一フルPVが存在する曲。
    12. chance for you – 3:31
      • 作曲:大野愛果 編曲:麻井寛史
      ライブではアンコールにほぼ必ず披露される作品で、観客との斉唱が定番となっている楽曲。2010年6月19日に公開された映画「ソフトボーイ」の主題歌にリリースから5年の時を経てタイアップされることが決まった。こちらは再レコーディングされたシネマバージョンで、デジタル音楽配信されている。

    外部リンク[編集]