FOUR SEASONS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FOUR SEASONS
THE YELLOW MONKEYスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年6月 - 7月
RIDGE FARM STUDIO(SURREY
WESTSIDE STUDIO(LONDON
ジャンル ロック
時間
レーベル TRIAD / 日本コロムビア
プロデュース 吉井和哉
宗清裕之
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1995年度年間84位(オリコン)
  • 1996年度年間123位(オリコン)
ゴールドディスク

   Gold disk.png ゴールド (日本レコード協会 1995年11月)

   Platinum disk.png プラチナ (日本レコード協会 1999年4月)
THE YELLOW MONKEY アルバム 年表
smile
(1995年)
FOUR SEASONS
(1995年)
TRIAD YEARS actI
1996年
『FOUR SEASONS』収録のシングル
  1. 追憶のマーメイド
    リリース: 1995年7月21日
  2. 太陽が燃えている
    リリース: 1995年9月30日
  3. JAM/Tactics
    リリース: 1996年2月29日
テンプレートを表示

FOUR SEASONS』(フォー・シーズンズ)は日本のロックバンドTHE YELLOW MONKEYの5枚目のオリジナルアルバム。

1995年11月1日日本コロムビア・トライアドレーベルよりリリースされた。 2000年8月19日に廉価盤が、2013年12月4日にリマスター盤(Blu-spec CD2)がそれぞれ発売された。

解説[編集]

  • 初のロンドンレコーディング。前作『Smile』に続き健全でポップな内容を目指し、バンド初のオリコンアルバムチャート1位を獲得した作品。所属事務所はデモテープを聴いた段階でヒットを確信し、新車をオーダーしていたという[1]
  • 吉井は本作のテーマとして、アルバムタイトル曲の『Four Seasons』の冒頭の歌詞である「まず僕は壊す」をあげており、「殻に閉じこもっている自分を壊してしまおう」という意味が込められていると語っている[1]
  • 吉井曰く、本作では「わかりやすい言葉」「日記のような歌詞」を心がけたと語っており、本作のコンセプトでもあると語っている[2]
  • 本作リリース後、シングル「JAM/Tactics」、「SPARK」をリリースした後、バンドはレコード会社をファンハウスへ移籍。トライアド在籍最後のオリジナルアルバムとなった。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Four Seasons」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
2.「Overture〜太陽が燃えている 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
3.「I Love You Baby」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
4.Tactics 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
5.「ピリオドの雨」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
6.「Love Sauce」 廣瀬洋一・吉井和哉THE YELLOW MONKEY
7.「Sweet & Sweet」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
8.「月の歌」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
9.追憶のマーメイド (Album Version)」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY in association with 松本晃彦
10.「Father」 吉井和哉THE YELLOW MONKEY
11.「空の青と本当の気持ち」 菊地英昭THE YELLOW MONKEY
合計時間:
  1. Four Seasons
    アルバムタイトル曲。『THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』でフジファブリックカバーした。メンバーの志村の急逝に際し、吉井は自身のソロライブにおいてフジファブリックver.に近い形のアレンジで同曲を披露した。
  2. Overture〜太陽が燃えている
    先行シングル曲。Overtureと題した前奏が追加されており、「太陽が燃えている」というフレーズを繰り返す。シングルバージョンよりもボーカルとギターソロの音がやや抑え目になっている[3]
  3. I Love You Baby
    吉井曰く「この曲は俺なりのヘヴィメタ[2]
  4. Tactics
    フジテレビ系アニメるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」のエンディングテーマに起用され、後に「JAM」との両A面9thシングルとしてリリースされた。吉井はこの曲を以前からシングル・カットしたがっていたという[3]
    「TOUR '96 FOR SEASON “野性の証明”」以降のライブでは長尺の前奏が追加され、コール&レスポンスを行うのが定番となっている。
  5. ピリオドの雨
  6. Love Sauce
    ベースの廣瀬が初めて作曲した作品。廣瀬は本楽曲に関して、「俺が曲を創るときは、ジーン・シモンズだとかポール・マッカートニーのように、ベースとしても一つの作品になっていて、なおかつ曲としてもいいものを書こうという方向を目指していた。その第一歩としては本当にいい感じでできたと思う」と評価している[4]
  7. Sweet & Sweet
    8thシングル「太陽が燃えている」カップリング。
  8. 月の歌
    当初は心中をテーマにする予定であり、仮タイトルも「心中」であった。しかし、ディレクターから「この時期に出す曲ではない」と反対され、現在の歌詞とタイトルに変更された[1][5]。レコーディング中、最後まで歌詞が出来上がらなかった曲である[3]
  9. 追憶のマーメイド (Album Version)
    7thシングル。アルバム用にロンドンで新たにミックスをし直したもの。ギターのリフの一部とソロが撮り直されており、シングルバージョンではあったタンバリンの音がカットされている。
    当初、吉井は本楽曲をアルバムに収録しない予定だったが、スタッフより「もし君がユーザーで、アルバムを手にしたときに知っている曲が入っているとの入っていないのと、どっちがいい?」と説得され、収録する運びとなった[4]。吉井は「アルバムバージョンの『追憶のマーメイド』は、『FOUR SEASONS』に入っていて違和感はない」と評価している[4]
  10. Father
    吉井の幼い頃に他界した父親への思いが歌われている。メンバーはこの曲を聴いて「こういうテーマの曲が出るとは」と驚いていたという[5]。後に『MOTHER OF ALL THE BEST』に収録された。
  11. 空の青と本当の気持ち
    ギターソロが先にできていたというスローテンポのナンバー。間奏では英語の台詞が入る。『MOTHER OF ALL THE BEST』のDISC1のトリを飾った曲である。『THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』で星羅カバーした。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「吉井和哉自伝 失われた愛を求めて」(ロッキング・オン
  2. ^ a b ROCKIN'ON JAPAN 1995年10月号
  3. ^ a b c TRIAD COMPLETE BOX ブックレット
  4. ^ a b c 『15YEARS』(ぴあ
  5. ^ a b 「ブリッジ97年4月号」

外部リンク[編集]