FICTION ZERO / NARRATIVE ZERO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

FICTION ZERO / NARRATIVE ZERO』(フィクションゼロ/ナラティブゼロ)は、講談社Birthアジア本格リーグを刊行している講談社文芸X出版部による文芸雑誌。2007年8月1日発行。

概要[編集]

「ノイズまみれの世界を変えよう」をキャッチフレーズに、新たな文芸を提案している。巻頭に古川日出男の「フィクションゼロ宣言」を置く。両側から読める造本になっており、縦組みのフィクション(物語・小説)ゼロと、横組みのナラティブ(物語の語り方)ゼロから構成されている。アートディレクターをタナカノリユキ、イラストをSTUDIO 4℃が担当しており、ビジュアルを重視した誌面構成になっている。 巻末で小説を募集していた。

その後、第2号は刊行されず、古川日出男「デーモン」のように、第1部のみで中断している作品もある。いくつかの短編作品は、連作化されて単行本として刊行されている。

掲載内容[編集]

FICTION ZERO
NARRATIVE ZERO

関連書籍[編集]