F1手榴弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

F1手榴弾:Ф-1)は、第二次世界大戦初期にソビエト連邦で開発された手榴弾である。赤軍兵士からは、形状から「レモン」の愛称で呼ばれていた。

概要[編集]

F1手榴弾
F1手榴弾
F1手榴弾

アメリカ合衆国製のMk.2手榴弾に似たパイナップル手榴弾。ただし、Mk.2の前身のMk.1手榴弾の元になったフランス製のパイナップル型もF1手榴弾という名であり、鋳造製の本体形状も似ているため、こちらが原型と考えられる。Mk.2手榴弾の撃発装置がネズミ捕りスプリング方式なのに対し、本F1手榴弾ではUZRG信管ストライカーが直線運動を行い撃発を行う。安全ピンはストライカーの先端を保持し、同時に安全レバーを信管外筒に接合している。安全レバーの上端はストライカーの後端を保持している。

有効殺傷範囲は半径20-30m内、手榴弾の種別は防御型手榴弾に分類される。炸薬にはTNT火薬60gが使用され、信管部分を含めた手榴弾自体の重量は600g、また、爆発までの遅延時間は約3-4秒ほど(ブービートラップ用のものは0秒)で、手榴弾の表面には投擲時に手から滑らない様に表面の溝が深く設計されている。

第二次世界大戦の初期頃から生産が開始され、その後も数回の改良を行いながらロシア連邦軍で現在も使用されている。手榴弾表面色は非常に濃い緑色のほかにOD色が使用される。

大戦後、F1手榴弾はワルシャワ条約機構により共産圏諸国に配備およびライセンス生産が行われ、東側諸国軍隊では代表的な手榴弾となった。また、ベトナム戦争では南ベトナム解放民族戦線(通称:ベトコン)の代表的手榴弾の1つとして使用されている。

このほかにも、F1手榴弾とほぼ同じ形状でありながら表面が滑らかなRGD-5も生産されている。

登場作品[編集]

映画[編集]

ランボー3/怒りのアフガン
ソ連軍要塞外延部に構築された、張られたワイヤーと繋がったブービートラップとして登場。

ゲーム[編集]

スナイパーエリートV2
ソ連兵の装備品として「F1 Grenade」の名称で登場。主人公カール・フェアバーンも本手榴弾を調達・使用が可能だが、同じく使用可能なM24型柄付手榴弾と比べて、投擲距離は短いが破壊力は大きいという特性がある。