Endpoint Handlespace Redundancy Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP / ECN

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN, FDDI)

カテゴリ

Endpoint Handlespace Redundancy Protocol(EHRP)は、ハンドルスペースを、維持・同期させるためにPool Registrarsの間のコミュニケーションに対するReliable server poolingフレームワークにより用いられる。2007年現在EHRPは、IETF内でインターネットドラフトとなっている。

それは、Aggregate Server Access Protocolのようなアプリケーション層に割り当てられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]