Endpoint Handlespace Redundancy Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Endpoint Handlespace Redundancy Protocol (EHRP)は、ハンドルスペースを、維持・同期させるためにPool Registrar英語版の間のコミュニケーションに対するReliable Server Pooling英語版フレームワークにより用いられる。2008年、EHRPは、IETF内でRFCとなっている。

それは、Aggregate Server Access Protocol英語版のようなアプリケーション層に割り当てられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]