ChibiOS/RT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ChibiOS/RT
ChibiOS Embeddedware Official Logo.jpg
プログラミング言語 C, アセンブリ言語
OSの系統 リアルタイムオペレーティングシステム
開発状況 安定
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 19.1.2 / 2019年4月23日(2か月前) (2019-04-23
対応プラットフォーム Intel 80386, ARM7, ARM9, ARM Cortex-M0, ARM Cortex-M3, ARM Cortex-M4, PPC, e200z, Atmel AVR, TI MSP430, STM8, Freescale Coldfire, Renesas H8S
カーネル種別 マイクロカーネル
ライセンス GPL3またはプロプライエタリー
ウェブサイト www.chibios.org
テンプレートを表示

ChibiOS/RTは、コンパクトで高速な[1] リアルタイムオペレーティングシステムであり、複数のアーキテクチャーをサポートし、GPL3ライセンスでリリースされている。 開発者は、Giovanni Di Sirioである。

評価[編集]

ChibiOS/RTは、8ビットと16ビット、32ビットのマイクロコントローラーの組み込み用途向けに設計されている。 プロジェクトの主なゴールは、サイズと実行性能である。[2] 実例を参考にすると、カーネルのサイズは、最小で1.2KiBから、STMのCOrtex-M3プロセッサーの全てのサブシステムを有効化した場合で最大5.5KiBである。 カーネルは1秒間に220,000スレッド以上を開始と終了させることができ、コンテキストスイッチは、STM32を72 MHzで動作させた場合、 1.2マイクロ秒で実行できる。 全てのサポートされたプラットフォームにおける同様の評価結果は、ソースコードの配布物のテストリポートに含まれている。

機能[編集]

ChibiOS/RTマイクロカーネルは、以下をサポートしている。

全てのシステムオブジェクト(スレッドセマフォタイマーなど)は、実行時に生成と削除が可能である。 利用可能なメモリーに上限はない。 システムの信頼性を向上させるため、カーネルアーキテクチャーは全体を通して静的であり、メモリーアロケーターは、オプションとして用意はされているが、必須ではない。 テーブルや配列といったデータ構造にサイズの上限はない。 システムのCPIは、エラーコードや例外といったエラー時の処理を持たない設計である。

ChibiOS/RTは、組み込みデバイスで動かすアプリケーションのために設計されており、 様々なマイクロコントローラー向けのデモアプリケーションを含んでいる。

ColdfireH8S向けの移植も存在する。 [4]

ChibiOS/RTは、Raspberry Piにも移植されており、 [5] GPIOやシリアル、GPT (汎用タイマー)、I2C、SPI、PWM用のドライバーが実装されている。

ソフトウェアI/Oエミュレーションモードでは、Win32プロセスとしてカーネルを動かすことができる。 これにより、実際のハードウェアなしで簡単にアプリケーションを開発できる。 MinGWコンパイラ向けの例が含まれている。

ChibiOS/RTは、wolfSSLといった著名なTLS/SSLライブラリーにサポートされている。

uGFX[編集]

ChibiOS/RTは、GUIツールキットであるµGFXに完全にサポートされている。 µGFXは、過去にはChibiOS/GFXと呼ばれていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]