非同期IO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

非同期IO (Asynchronous IO) とは、入出力の処理を、その要請元のプロセス・スレッドとは独立に(非同期に)行う、入出力のAPIの類型である。

概要[編集]

ブロッキング・非ブロッキングとの違い[編集]

非同期IOはほぼ必ず非ブロッキングIOであるため、非常にしばしば混同されるが(たとえばこの記事も以前はそのように書かれていた)、同期 or 非同期と、ブロッキング or 非ブロッキングという分類は、必ずしも一致しない。O_NONBLOCKが設定されたファイル記述子に対して通常のreadやwriteを行うと非ブロッキングになるが、それは「ブロックされるようであればエラーにする」という動作になるのであって、非同期になるのではない(たいていのIO操作はOS内のバッファなどによって、同期型のAPIでもブロックすることなく完了できることも多い)。ディスクに実際に書き込まれるまでを待つかどうか、という観点での同期・非同期もあるが、それはここで扱っているものとは別の話である(英語版記事 en:Raw device などを参照のこと)。

非同期IOとは、

  1. バッファの内容が、カーネル等によってコピーされるか、あるいはプログラマの責任で処理が完了するまで要求元のプロセスがそれを保持しなければならない
  2. (権限違反など、即座にカーネルがエラー等にできる場合を除き)入出力の成否も、入出力を要求するシステムコールの結果としては得られず、コールバックか、別のシステムコール等で改めて得る必要がある
  3. 以上のような制限の下に、入出力要求のシステムコールはブロックせず、最小限の処理ですぐに終了する

といったようなスタイルの入出力APIによるIOである。よって非同期IOが利用されるのは、「時間制約の厳しいRTOSだから」といったような理由ではない。排他制御の都合などでブロックさせられないとか、あるいは、性能上の理由ではエンタープライズ用途で欲されることもあれば、イベントドリブン型のフレームワークであるために必要であるといった場合もある。別スレッドを使うことで、プロセス内で非同期IOのように見せかけるライブラリ(フレームワーク)といったものもあり得る。

実装[編集]

Linuxでは、POSIX-XSIあるいはPOSIX 1003.1bの実装が行われている。

Windowsでは、Windows NT系列 (Windows NT 3.1以降) の全てのバージョンで実装が行われている。

使用方法[編集]

基本的な呼び出し方法は、以下のステップである。

  1. 実行するシステムコールの内容をリンクリストで記述する。
  2. リンクリストをパラメータとして、非同期システムコールを発行する(呼び出す)。
  3. エラーあるいは、終了しているかどうかを、問い合わせるシステムコールを発行する。
  4. 終了待ちシステムコールを発行するか、既に発行したシステムコールをキャンセルするシステムコールを発行する。

組込型RTOSやミニコンピュータでの実装は、非同期システムコール発行時に、システムサービスコールをOSの処理として行うが、UNIXやLinuxの処理では、ユーザースレッドとして処理を行っている実装が多い。

下記の例では、lio_listio(...);に続いて、aio_suspend(...);を実行しているため、実質的にwrite()と同じになる。

Linuxでのサンプルプログラム[編集]

/* 非同期IOによるファイル出力の例 */
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <unistd.h>
#include <string.h>
#include <aio.h>
#include <sys/mman.h>
#define DATA_BUF_SIZE 4096
#define DATA_BUF_NUM 128

int main(void)
{
    int fd;
    int n, status;
    unsigned char *Aio_buff[DATA_BUF_NUM];
    struct aiocb Aiocb[DATA_BUF_NUM];
    struct aiocb *List[DATA_BUF_NUM];

    if ((fd = open("datafile", (O_CREAT | O_WRONLY), 0666)) < 0)
    {
        exit(1);
    }
    /* リンクリストの作成 */
    for (n = 0; n < DATA_BUF_NUM; n++)
    {
        Aio_buff[n] = (unsigned char*)memalign(sysconf(_SC_PAGESIZE), DATA_BUF_SIZE);
        memset((void *)(Aio_buff[n]), n, DATA_BUF_SIZE); /* データはページ単位にnで埋めている */
        Aiocb[n].aio_buf = Aio_buff[n];
        Aiocb[n].aio_offset = (long long)(DATA_BUF_SIZE * n);
        Aiocb[n].aio_nbytes = (long long)DATA_BUF_SIZE;
        Aiocb[n].aio_fildes = fd;
        Aiocb[n].aio_reqprio = 0;
        Aiocb[n].aio_lio_opcode = LIO_WRITE;
        Aiocb[n].aio_sigevent.sigev_notify = SIGEV_NONE;
        List[n] = &Aiocb[n];
    }
    /* 非同期IOの発行 */
    lio_listio(LIO_WAIT, (struct aiocb **)&List[0], DATA_BUF_NUM, &sig);
    /******/
    /* この間ファイル出力と並行して、別の処理を記述できる */
    /******/
    /* 非同期IOの終了待ち */
    aio_suspend((const struct aiocb **)&List[0], DATA_BUF_NUM, &timeout);
    /* エラーステータスの確認 */
    for (n = 0; n < DATA_BUF_NUM; n++)
    {
        status = aio_error(&(Aiocb[n]));
        if (status) printf("%d is error %d:%s\n", n, status, strerror(status));
    }
    /* 終了ステータスの確認 */
    for (n = 0; n < DATA_BUF_NUM; n++)
    {
        status = aio_return(&(Aiocb[n]));
        if (status != DATA_BUF_SIZE) printf("%d is write error\n", n);
    }
    close(fd);
    return 0;
}

Windows[編集]

Microsoft Windows環境では、Windows NT 3.1以降の全てのディスクI/O、Winsock (バージョン2.0以降) などのWindows APIに非同期バージョンの関数がいくつか用意されている。例えばReadFileやWriteFile APIは、OVERLAPPED構造体に非同期I/Oのための現在のコンテキストを保持し、結果を待機するためのカーネルシグナルオブジェクトを指定することができる。

より高度な実装を行う場合は、これらのシグナルオブジェクトとスレッドを動的に管理する「I/O完了ポート」を利用し、最適なワーカースレッド数の制御とI/OオフロードをAPIレベルで実現できる。

このほか、.NET FrameworkWindowsランタイムの一部に非同期I/Oをサポートするメソッドが実装されている。C#などの.NET言語やC++においてこれらの非同期I/Oを利用するインフラとして、TPLPPLが用意されている。

非同期プログラミングの言語サポート[編集]

C# 5.0/VB.NET 11以降や、Python 3.5以降には非同期プログラミングを容易にするためのasync/await構文が用意されている。なお、F#には非同期ワークフロー (asynchronous workflow) と呼ばれる、TPLとは異なる独自のインフラを利用した非同期プログラミングのための機能が備わっている。C++ではC++11にてstd::asyncが標準化されたが、言語構文には組み込まれていない。

関連項目[編集]