ASMR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚視覚への刺激によって感じる、心地良い、がゾワゾワするといった反応・感覚[1]。正式・一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると自律感覚絶頂反応となる。

ASMRを感じるきっかけや感じ方には個人差があるが、視聴することによってそのきっかけを作り出そうとするASMR動画が動画共有サイトに多数投稿されている[1]

概要[編集]

医学的な効果は不明であるが、慢性疼痛が軽減されたという研究もある[1]

ASMRは、上述した大まかなサウンドと定義されているが感じ方は人により様々である。「綿棒で擦る、聴こえるか聴こえないかの瀬戸際の音量が心地よい」というユーザーがいれば、「キーボードのタイピング音」などある程度の音量があって心地よく感じるユーザーもいる。

2015年の研究では7〜8割が睡眠導入の補助とストレス解消のために利用しており、性的興奮目的のものは5%程度であった[2]

スライムを利用したASMRの録音風景
炭酸飲料を飲む時の音

ネット上に投稿されている動画には、

  • 耳かきボイス(バイノーラル録音などを用い、実際に耳かきをされているかのように感じることのできる動画)
  • タッピング音(パソコンのキーボード、箱・机を指でタップする)
  • マッサージ床屋サウンド(耳かきボイス同様、実際にされているかのような心地良さを味わう)
  • 食事の際の咀嚼
  • ささやき声でのトーク

などがある。

2017年にIKEAが広告の演出に採用するなど企業のブランディングに利用され始め[3]、2019年3月にはオトバンクとquantumがASMRを扱うオーディオレーベル「SOUNDS GOOD」を設立した[4]

2018年6月、中国の反ポルノ当局(zh:全国“扫黄打非”工作小组办公室)はASMR動画を「低俗なポルノコンテンツ」とみなしてYoukuBilibiliTudou網易クラウドミュージック・蜻蜓FM中国語版など中国内の動画音声配信サイトから該当するコンテンツを削除した[2][5]

名称[編集]

Autonomous Sensory Meridian Responseの名称は、Webサイト「ASMR UNIVERSITY」の設立者でもある米国人女性ジェニファー・アレンが命名したものである[6]。アレンの説明によれば、"autonomous"はきっかけとなる刺激に個人差がある様子を指したもので、"meridian"(頂点)はオーガズムの婉曲表現であるという。この名称に落ち着くまではYahoo!上のグループ「Society of Sensationalists」やAndrew MacMuirisが開設したブログ「The Unnamed Feeling」といった場所で名称についても議論が行われており、"attention induced head orgasm"(AIHO), "attention induced euphoria"(AIE), "attention induced observant euphoria"(AIOEU)といった名称も提案されていた[7]

ほかにこの現象を示す表現としては、「brain orgasm(脳のオーガズム)」「brain massage(脳のマッサージ)」「head tingle(頭のうずき)」「brain tingles(脳のうずき)」「head orgasm(頭のオーガズム)」「spine tingle(脊椎のうずき)」「braingasm(brain 脳+orgasm オーガズム)」といったものがある[8][9][10][11][12]

学界の反応[編集]

ASMRが実在する生理現象であるのか、科学的な実証はなされていない。こうした効果がある、といった主張はすべて報告者個人の知覚に基づくものにとどまっているのが実情であるが[13][14][15]、一般紙やブログといった場では専門家がASMRに言及した事例も見られる。

神経学が専門で科学的懐疑主義の立場からの発言も多いイェール大学スティーヴン・ノヴェラ英語版は、神経科学を扱う自身のブログでASMRを取り上げ、ASMRは脳内の電気活動に軽い異常(seizure)が起き、それが快感として捉えられているのではないか、と推測した上で、実際に何が起きているのかについてはfMRITMSを用いた調査が必要だ、と述べた[16]シェフィールド大学で心理学と認知科学の講義を担当するトム・スタッフォードは『インデペンデント』紙において、ASMRは実在すると主張する層に一定の理解を示しながらも、1990年代に入ってから検証が進んだ共感覚を例に挙げ、ASMRのような誰もに一様に起こるわけではない内的反応の解明は困難だろう、と見通しを示した[17]。神経科医のエドワード・J・オコーナーもサンタモニカカレッジの学生新聞『コルセア』で、どのような刺激が有効か、人によって異なっていることが科学的な解明の障害になっている、と指摘した[18]。精神科医のマイケル・ヤシンスキーは、瞑想のように、何かに集中し、リラックスすれば、ストレスや不安を司る脳のほかの部分は働かなくなるものだ、として、ASMRのような現象もあり得ることだとした[19]

またサター神経科学研究所で睡眠に関する問題を専門にしているAmer Khanは、ASMRビデオが寝つきをよくする手段として用いられている問題に触れ、こうした行為は良質の睡眠が得られないうえ、ホワイトノイズ発生器や、赤ん坊ならおしゃぶりを使用するのと同様、常用癖がついてしまうおそれがあると指摘している[20]

日本での普及[編集]

2015年頃から日本でもインターネットメディアなどで言及され始めた[21]。同時期にASMRアーティストの「はとむぎ」などが登場したものの[22]、海外に比べると日本人によるASMR音声・動画制作は限定的であった。

2018年頃から黒木渚ら愛好家を自認する芸能人が登場したことでテレビ番組でも扱うようになり、YouTuberのみならず、企業や芸能人によるオリジナルASMR動画の制作が盛んとなった[23][24]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Autonomous Sensory Meridian Response: What is It? and Why Should We Care? - 国立生物工学情報センター
  2. ^ a b 音で気持ちよくなるASMRムービーが「低俗なポルノコンテンツ」として中国で全面的に禁止されるGIGAZINE 2018年6月19日
  3. ^ IKEAの製品をASMRで紹介。25分間の動画で脳がとろける癒しをどうぞgizmodo 2017年8月19日
  4. ^ ASMRを企業のブランディングに活用するレーベル「SOUNDS GOOD」がローンチ、JR東などが参加TechCrunch Japan-2019年3月4日
  5. ^ ASMR乱象调查续:全国扫黄打非办要求百度网盘、B站等平台清理涉色情低俗的ASMR内容新京报网 2018年6月8日
  6. ^ History of ASMR: About Jennifer Allen, the woman who coined the term “ASMR” (podcast episode #7)ASMR UNIVERSITY 2016年9月5日
  7. ^ Cheadle, Harry (2012年7月31日). “ASMR, the Good Feeling No One Can Explain”. Vice.com. 2012年12月2日閲覧。
  8. ^ Simons, Hadlee (2012年8月16日). “An orgasm for your head?”. iAfrica.com. 2012年12月2日閲覧。
  9. ^ Mitchell, Jennifer (2012年9月4日). “Latest Social Media Craze: Autonomous Sensory Meridian Response”. MPBN.net. 2012年12月2日閲覧。
  10. ^ Shropshall, Claire (2012年9月6日). “Braingasms and Towel Folding: The ASMR Effect”. The Huffington Post. 2012年11月28日閲覧。
  11. ^ Tufnell, Nicholas (2012年2月27日). “ASMR: Orgasms for Your Brain”. The Huffington Post. 2012年11月28日閲覧。
  12. ^ Lively, Daniel (2012年4月19日). “That Tingling Feeling: First International ASMR Day”. The Corvallis Advocate. http://www.corvallisadvocate.com/2012/that-tingling-feeling-first-international-asmr-day/ 2013年2月14日閲覧。 
  13. ^ Hudelson, Joshua (2012年12月10日). “Listening to Whisperers: Performance, ASMR Community and Fetish on YouTube”. Sound Studies Blog. 2013年10月13日閲覧。
  14. ^ O'Connell, Mark (2013年2月12日). “The Soft Bulletins”. Slate. http://www.slate.com/articles/life/culturebox/2013/02/asmr_videos_autonomous_sensory_meridian_response_and_whispering_videos_on.html 2013年10月13日閲覧。 
  15. ^ Manduley, Aida (February 2013). “Intimate With Strangers”. #24MAG 1 (4): 60–61. http://issuu.com/24magazine/docs/24mag_issue04 2013年10月13日閲覧。. 
  16. ^ Novella, Steven (2012年3月12日). “ASMR”. NeuroLogica. New England Skeptical Society. 2013年10月13日閲覧。
  17. ^ Marsden, Rhodri (2012年7月21日). “'Maria spends 20 minutes folding towels': Why millions are mesmerised by ASMR videos”. The Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/features/maria-spends-20-minutes-folding-towels-why-millions-are-mesmerised-by-asmr-videos-7956866.html 2013年10月13日閲覧。 
  18. ^ Arias, Luis (2013年4月16日). “A new trend in relaxation”. The Corsair. http://www.thecorsaironline.com/lifestyle/2013/04/16/a-new-trend-in-relaxation/ 2013年10月13日閲覧。 
  19. ^ Hockridge, Stephanie (2013年5月16日). “ASMR Whisper Therapy: Does it work? Relaxing, healing with sounds and a whisper”. ABC15.com. http://www.abc15.com/dpp/news/local_news/water_cooler/asmr-whisper-therapy-does-it-work-relaxing-healing-with-sounds-and-a-whisper 2013年10月13日閲覧。 
  20. ^ Mendonsa, Cristina (2013年5月6日). “ASMR: The sound that massages your brain”. News10.net. http://www.news10.net/news/article/243321/2/ASMR-The-sound-that-massages-your-brain 2013年10月13日閲覧。 
  21. ^ 音でオーガズム!? 聞いて快感を感じる「ASMR」って一体何だアメーバ 2015年12月12日
  22. ^ 耳をすませば…脳がとろける ASMR中日新聞 2018年8月26日
  23. ^ 矢部浩之はアウト! “咀嚼音の魅力”にネットは賛否両論の嵐ザテレビジョン 2018年2月16日
  24. ^ 弘中綾香アナが「究極のASMR」に挑戦 「Mステが終わってから暇で暇で……」リアルサウンド 2019年3月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]