AFC U-19女子選手権2009

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AFC U-19女子選手権2009
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2009年8月1日 - 8月12日
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  日本 (2回目)
準優勝  韓国
3位  北朝鮮
4位  中国
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 48点
(1試合平均 3点)
得点王 日本の旗 岩渕真奈
大韓民国の旗 池笑然(4点)
最優秀選手 日本の旗 岩渕真奈
 < 20072011

AFC U-19女子選手権2009: AFC U-19 Women's Championship 2009)は、2009年8月1日から8月12日にかけて、中国武漢で開催された第5回目のAFC U-19女子選手権である。日本が優勝し、同国代表の岩渕真奈が大会最優秀選手賞を受賞した。また韓国代表池笑然 (チ・ソヨン) が4得点を挙げて大会得点王を、北朝鮮代表がフェアプレー賞を受賞した[1]

この大会は2010 FIFA U-20女子ワールドカップのAFC地域予選を兼ねて開催され、決勝戦に進出した日本と韓国、そして3位決定戦に勝利した北朝鮮の3国が出場権を獲得した。

会場一覧[編集]

以下の競技場が会場として用いられた:

中国武漢 マレーシア
クアラルンプール
漢口文化体育中心
収容人数: 20,000人
新華路体育中心
収容人数: 36,000人
KLFAスタジアム
収容人数: 18,000人
シャー・アラム・スタジアム
収容人数: 69,372人
Gthumb.svg Gthumb.svg Gthumb.svg Gthumb.svg
本大会グループリーグ
決勝トーナメント
本大会グループリーグ 予選大会

予選大会[編集]

予選大会はマレーシアクアラルンプール市内所在のKLFAスタジアムおよびシャー・アラム・スタジアムにて開催され、計11国が参加した。参加国はA、Bと2つのグループリーグに分けられ、総当り1回戦のリーグ戦を行った。

グループAではシンガポール戦で24-0という記録的な大勝[2]を含め、全5試合を無失点勝利した韓国と、同グループ2位につけたベトナムが本大会出場権を獲得し、3位に入ったミャンマーが3位となった[3]。グループBではタイオーストラリアがグループリーグ2位以内となり出場権を獲得した他、チャイニーズタイペイが3位となった[4]。両グループ3位となったミャンマーとチャイニーズタイペイのうち、得失点差で3点多いチャイニーズタイペイが、本大会への出場権を獲得した[5]

予選免除国[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  韓国 5 5 0 0 66 0 +66 15
2  ベトナム 5 4 0 1 33 6 +27 12
3  ミャンマー 5 3 0 2 22 11 +11 9
4  ヨルダン 5 2 0 3 17 21 −4 6
5  フィリピン 5 1 0 4 2 42 −40 3
6  シンガポール 5 0 0 5 2 62 −60 0


ヨルダン  0 - 11  韓国

ベトナム  12 - 0  シンガポール

ミャンマー  8 - 0  フィリピン


韓国  20 - 0  フィリピン

ミャンマー  0 - 4  ベトナム

ヨルダン  13 - 1  シンガポール


フィリピン  0 - 2  ヨルダン

シンガポール  0 - 11  ミャンマー

韓国  6 - 0  ベトナム


ベトナム  11 - 0  フィリピン

シンガポール  0 - 24  韓国

ミャンマー  3 - 2  ヨルダン


フィリピン  2 - 1  シンガポール

ヨルダン  0 - 6  ベトナム

韓国  5 - 0  ミャンマー


グループ B[編集]

チーム
1  タイ 4 4 0 0 20 2 +18 12
2  オーストラリア 4 3 0 1 28 2 +26 9
3  チャイニーズタイペイ 4 2 0 2 10 6 +4 6
4  イラン 4 1 0 3 5 16 −11 3
5  インド 4 0 0 4 1 38 −37 0



インド  1 - 4  イラン


チャイニーズタイペイ  2 - 1  イラン

タイ  9 - 0  インド


オーストラリア  18 - 0  インド

イラン  0 - 7  タイ


タイ  2 - 1  チャイニーズタイペイ

イラン  0 - 6  オーストラリア


オーストラリア  1 - 2  タイ

チャイニーズタイペイ  7 - 0  インド


各組3位チーム[編集]

チーム
B  チャイニーズタイペイ 4 2 0 2 10 6 +4 6
A  ミャンマー 4 2 0 2 11 11 0 6

ミャンマーは、グループAの方が1チーム多いため、AFCの規定より、グループA最下位のシンガポール戦を除いた成績が用いられている[5]

本大会[編集]

出場国[編集]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  北朝鮮 3 3 0 0 13 0 +13 9
2  韓国 3 2 0 1 8 3 +5 6
3  ベトナム 3 1 0 2 2 10 −8 3
4  タイ 3 0 0 3 1 11 −10 0


#03
北朝鮮  4 - 0  タイ
許恩別 7分にゴール 7分
金銀香 52分にゴール 52分
金忠心 74分にゴール 74分
尹鉉喜 90+1分にゴール 90+1分
レポート

#04
韓国  3 - 0  ベトナム
孔恵元 5分にゴール 5分
姜仁恵 29分にゴール 29分
朴喜映 45分にゴール 45分
レポート
漢口文化体育中心
観客数: 600人
主審: 中華人民共和国の旗 王佳


#07
タイ  0 - 5  韓国
レポート 姜仁恵 16分にゴール 16分
池笑然 49分にゴール 49分65分
朴喜映 59分にゴール 59分
キム・ジニョン 62分にゴール 62分
漢口文化体育中心
観客数: 500人
主審: 日本の旗 深野悦子

#08
ベトナム  0 - 6  北朝鮮
レポート 尹鉉喜 6分にゴール 6分 (PK)67分
全明花 17分にゴール 17分22分31分
金忠心 88分にゴール 88分


#11
北朝鮮  3 - 0  韓国
許恩別 21分にゴール 21分
金忠心 55分にゴール 55分
チェ・ウンジュ 85分にゴール 85分
レポート

#12
ベトナム  1 - 2  タイ
グエン・ティ・グエット 10分にゴール 10分85分 レポート ニサ・ロムイェン 31分にゴール 31分
新華路体育中心
観客数: 100人
主審: 日本の旗 深野悦子


グループ B[編集]

チーム
1  中国 3 2 1 0 5 2 +3 7
2  日本 3 1 2 0 7 2 +5 5
3  オーストラリア 3 1 1 1 6 3 +3 4
4  チャイニーズタイペイ 3 0 0 3 0 11 −11 0


#01
日本  1 - 1  オーストラリア
岩渕真奈 66分にゴール 66分 レポート キア・サイモン 88分にゴール 88分
漢口文化体育中心
観客数: 1,500人
主審: 大韓民国の旗 洪恩雅




#06
オーストラリア  1 - 2  中国
キア・サイモン 75分にゴール 75分 レポート 婁佳惠 10分にゴール 10分
安寧 42分にゴール 42分[6]


#09
日本  1 - 1  中国
岩渕真奈 49分にゴール 49分 レポート 安寧 83分にゴール 83分
漢口文化体育中心
観客数: 3,000人
主審: 大韓民国の旗 洪恩雅

#10
チャイニーズタイペイ  0 - 4  オーストラリア
レポート アリーシャ・クリフォード 21分にゴール 21分
キア・サイモン 58分にゴール 58分
コートニー・ビューテル 66分にゴール 66分
ニコラ・ボルジャー 84分にゴール 84分


決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
8月9日 - 武漢    
  北朝鮮 0
  日本 1  
  8月12日 - 武漢
  日本 2
    韓国 1
 
3位決定戦
8月9日 - 武漢 8月12日 - 武漢
  中国 0   北朝鮮 1
  韓国 1     中国 0

準決勝[編集]




3位決定戦[編集]


#15
北朝鮮  1 - 0  中国
許恩別 66分にゴール 66分 レポート
漢口文化体育中心
観客数: 4,000人
主審: 大韓民国の旗 洪恩雅

決勝[編集]


#16
日本  2 - 1  韓国
安本紗和子 63分にゴール 63分
岩渕真奈 87分にゴール 87分
レポート 池笑然 69分にゴール 69分
漢口文化体育中心
観客数: 1,000人
主審: 中華人民共和国の旗 王佳

優勝国[編集]

 AFC U-19女子選手権2009優勝国 

日本
4大会ぶり2回目

表彰[編集]

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
日本の旗 岩渕真奈 日本の旗 岩渕真奈(4得点)
大韓民国の旗 池笑然(4得点)
 北朝鮮

2010 FIFA U-20女子ワールドカップ出場国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩渕にさらなる栄誉 AFC公式サイト 2009.8.13付ニュースリリース。ただし池は厳密には単独得点王ではなく、得点数においては岩渕も通算4得点を挙げている。
  2. ^ 韓国が記録的な大勝 AFC公式サイト 2008.11.5付ニュースリリース
  3. ^ ベトナムと韓国、本大会出場を決める AFC公式サイト 2008.11.7付ニュースリリース
  4. ^ オーストラリアがイランを下し、タイがチャイニーズ・タイペイを退ける AFC公式サイト 2008.11.6付ニュースリリース
  5. ^ a b チャイニーズ・タイペイが本大会出場権を獲得”. AFC公式サイト (2008.11.8付ニュースリリース). 2010年5月15日10:01閲覧。
  6. ^ 公式記録上の得点者。マッチレポートでは、2得点とも婁佳惠によるものとしている。開催国の中国がベスト4入り AFC公式サイト 2009.8.3付ニュースリリース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]