2015年ミャンマー総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2015年ミャンマー総選挙
အထွေထွေ ရွေးကောက်ပွဲ၊ ၂၀၁၅
ミャンマー
2010年 ←
2015年11月8日
→ 2020年

民族代表院(上院) 改選168/全224議席
人民代表院(下院) 改選323/全440議席
  第1党 第2党
  Remise du Prix Sakharov à Aung San Suu Kyi Strasbourg 22 octobre 2013-18.jpg TheinSeinASEAN.jpg
党首 アウンサン
スーチー
テイン・セイン
政党 国民民主同盟 連邦団結発展党
党首就任 1988年9月 2010年6月
選挙前議席 4(上院)
37(下院)
124(上院)
212(下院)
獲得議席 135(上院)
255(下院)
11(上院)
30(下院)
議席増減 増加 131(上院)
増加 218(下院)
減少 113(上院)
減少 182(下院)

選挙前大統領

テイン・セイン
連邦団結発展党

選出大統領

ティンチョー
国民民主連盟

2015年ミャンマー総選挙(2015ねんミャンマーそうせんきょ、ビルマ語: အထွေထွေ ရွေးကောက်ပွဲ၊ ၂၀၁၅)は、2015年11月8日に行われたミャンマー連邦の立法府である連邦議会の総選挙である。

野党の国民民主連盟が圧勝し、連邦議会の上下両院定数の86%(上院135、下院235)を獲得した。大統領選挙で国民民主同盟から正副大統領を選出し、軍政の流れを組む連邦団結発展党から政権交代を実現した。

国民民主連盟の党首であるアウンサンスーチーは憲法の規定により大統領に就任できなかったため、新設された国家顧問に就任。事実上の行政府の長として政権を掌握した。

概要[編集]

選挙データ[編集]

選挙運動[編集]

選挙結果[編集]

民族代表院(上院)[編集]

e • d  ミャンマーの旗 2015年ミャンマー民族代表院(上院)選挙 (2015年11月8日施行)
党派別獲得議席
政党 議席数 増減 議席率
国民民主連盟 135 増加132 60.27%
連邦団結発展党 11 減少113 4.91%
ヤカイン民族党 10 増加 4 4.46%
シャン諸民族民主連盟 3 増加 2 1.34%
タアン民族党 2 増加 2 0.89%
ゾミ民主連盟 2 増加 2 0.89%
モン民族党 1 増加 1 0.45%
国民統一党 1 減少 4 0.45%
パオ民族機構 1 増加 1 0.45%
無所属 2 増加 2 0.89%
全モン地域民主党 0 減少 4 0.00%
シャン民族民主党 0 減少 3 0.00%
諸派 0 減少 18 0.00%
軍指名枠 56 ± 0 25.00%
総計 224 ± 0 100.0%
出典:Myanmar Times[1], UEC[2]

人民代表院[編集]

党派 得票数 得票率 議席 +/–
国民民主連盟 (NLD) 12,794,561 57.1 255 増加255
連邦団結発展党(USDP) 6,341,920 28.2 30 減少229
ヤカイン民族党 (ANP) 490,664 2.2 12 増加12
シャン民族民主連盟 (SNLD) 352,914 1.6 12 増加12
タアン(バラウン)民族党 97,394 0.4 3 増加3
パオ民族機構 224,673 1.0 3 増減なし
ゾミ民主連盟 27,142 0.1 2 増加2
リス民族発展党 24,096 0.1 2 増加2
ワ民主党 8,216 0.0 1 増減なし
カチン州民主党 27,877 0.1 1 増加1
コーカン民主統一党 13,990 0.1 1 増加1
国民統一党 419,442 1.9 0 減少12
モン民族党 94,621 0.42 0 増減なし
無所属 1,005,617 4.5 1
合計 22,423,629 100.0 323
出典: NATIONAL SUMMARY OF VOTES AND SEATS

脚注[編集]

  1. ^ The Myanmar Times Election Live”. Myanmar Times. 2015年11月10日閲覧。
  2. ^ Announcement 93/2015”. Union Election Commission. 2015年11月20日閲覧。