.gov

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
.gov
dot gov
施行 1985年
TLDの種類 gTLD
現在の状態 利用可能
管理団体 アメリカ合衆国一般調達局
後援組織 アメリカ合衆国一般調達局
利用地域 行政機関
使用状況 アメリカ合衆国連邦政府。以前は連邦の行政機関のみであったが、後に州や地方の行政機関にも拡大された。
登録の制限 資格条件を満たしかつ、認可書の送付が必要。
階層構造 セカンドレベルドメインの登録が認められている。
関連文書 RFC 920; RFC 1591; RFC 2146
方針 なし
ウェブサイト Dotgov.gov
テンプレートを表示

.gov(ドット ガヴ)は、ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つで、アメリカ合衆国連邦政府地方行政機関が使用している。このドメインは1985年1月の設立当初からのトップレベルドメインのひとつである。由来は「政府」を意味する英語 government (ガヴァメント)の先頭3文字。

米国は、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)に加え、政府固有のトップレベルドメインを持つ唯一のである。このため他の国は、一般的にセカンドレベルドメインを使用する。具体的には、オーストラリア.gov.auニュージーランド.govt.nzイギリス.gov.ukカナダ.gc,caフランス.gouv.fr(.gouvはフランス語 gouvernement の先頭4文字に由来)、日本go.jpを使用している。米国が、.govドメインを運用しているため、他の国が例えば.jp.govのようなドメインを作ることは出来ない。

いくつかのアメリカ連邦機関は、.govではなく、.fed.usを使用している。アメリカ国防総省とその下位組織は.milを使用している。いくつかの米国の行政機関は他のドメインを使用している。例えば、.comドメインをアメリカ合衆国郵便公社が(usps.com)、アメリカ陸軍の新募集サイト(goarmy.com)などがある。新兵募集サイトについては、他の軍事部門でも繰り返し行われている。インターネット純粋主義者の中には、これらは営利団体ではなく行政軍事機関なので、このような使用法は不適当と考える者もいる[要出典]

など全ての米国の行政機関は、.govの使用を許可されている。例えば、ジョージア州アトランタatlantaga.govを、ジョージア州georgia.gov を使っている。だが、必ずしもそうであるとは限らない。以前の方針では、米国の連邦機関のみがこのドメインの使用を許可されていて、閣僚以下の機関については、上位機関のサブドメインを使うことが求められていた。

や地方の行政機関のサイトのアドレスは、一貫性に欠けている。いくつかは.govをつかい、いくつかは.usをつかい、またその他にも.com.orgやその他のドメインを使用しているところがある。

外部リンク[編集]