黒沢文貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒沢 文貴(くろさわ ふみたか、1953年 - )は、日本歴史学者東京女子大学現代教養学部国際社会学科国際関係専攻教授。専門は、日本政治外交史。

東京都生。1976年上智大学文学部史学科卒。1984年同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。都立日比谷高校教員を経て宮内庁書陵部に入庁、1992年宮内庁書陵部編修課主任研究官。

現在、軍事史学会会長。

学位は博士(法学)(1998年、慶應義塾大学)。『大戦間期の日本陸軍』で第30回吉田茂賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『大戦間期の日本陸軍』(みすず書房、2000年)
  • 『大戦間期の宮中と政治家』(みすず書房、2013年)
  • 『二つの「開国」と日本』(東京大学出版会、2013年)

編著[編集]

  • 『戦争・平和・人権 長期的視座から問題の本質を見抜く眼』(原書房、2010年)

共著[編集]

共編著[編集]

刊行史料[編集]

  • 池井優波多野勝)『濱口雄幸日記・随感録』(みすず書房,1991年)
  • (波多野勝・斎藤聖二・櫻井良樹)『海軍の外交官 竹下勇日記』(芙蓉書房出版,1998年)
  • 波多野澄雄)『侍従武官奈良武次日記・回想録 全4巻』(柏書房,2000年)
  • 佐藤元英)『GHQ歴史課陳述録――終戦史資料 上・下』(原書房,2002年)
  • 「奈良武次軍務局長日記」(『東京女子大学紀要論集』53(1)・(2)、2002年-2003年)