鷲見誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鷲見 誠一(すみ せいいち、1939年2月15日 - )は、日本の政治学者慶應義塾大学名誉教授。専門は、中世ヨーロッパ思想史。東京都生まれ。

14世紀イタリアのスコラ派に属する神学者・哲学者、パドアのマルシリウス(マルシリウス・パドゥア)の研究で知られる。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヨーロッパ文化の原型――政治思想の視点より』(南窓社, 1996年)
  • 『人権の政治思想――デモクラシーの再確認』(明石書店, 2009年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『現代意識の諸相――学問・芸術からの照射』(慶應義塾大学出版会, 1999年)
  • 『転換期の政治思想――20世紀からの問い』(創文社, 2002年)

共編著[編集]

  • 有賀弘内山秀夫藤原保信田中治男)『政治思想史の基礎知識――西欧政治思想の源流を探る』(有斐閣, 1977年)
  • 蔭山宏)『近代国家の再検討』(慶應義塾大学出版会, 1998年)
  • 千葉眞)『ヨーロッパにおける政治思想史と精神史の交叉――過去を省み、未来へ進む』(慶應義塾大学出版会, 2008年)

訳書[編集]